ホーム > 県政情報 > 山形県の紹介 > 県庁・総合支庁案内 > 総合支庁 > 最上総合支庁 > 「令和2年度 最上の魅力発見伝道師養成講座」参加者の募集について

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

「令和2年度 最上の魅力発見伝道師養成講座」参加者の募集について

最上総合支庁では、最上地域に誇りを持ち、次世代に地域の魅力を伝えられる人材の育成を図るため、地域づくり人材が地域の魅力を発見する能力を磨き、伝える技術を学ぶ連続講座、「最上の魅力発見伝道師養成講座」の参加者を募集します。

全5回の講座で、チームビルディングの体験や地域の魅力発見のヒントを学び、実践としてジモト大学プログラムを企画運営します。

新庄市エコロジーガーデン周辺の文化財や史跡、それらにまつわる歴史を題材に、最上の魅力を再発見し、高校生と共有しましょう!

対象

県内に在住する地域活性化を図る実践者(市民団体、地域おこし協力隊、集落支援員等)、市町村職員、最上総合支庁職員等

定員

12名程度(申込多数の場合には先着順とし、ただし、最上地域在住の方を優先します。)

参加条件

  1. web会議システム「zoom」をパソコンから使えること。(第1回、第3回、第5回はオンラインで開催します。)
  2. 新庄市エコロジーガーデン周辺を会場とする第2回及び第4回の講座では、現地で参加できること。
  3. 参加者同士で講座を企画・実施する内容のため、原則として全回参加できること。

内容

  • (1)講師・全体コーディネート
    稲村 理紗 氏(山形県地域コミュニティアドバイザー派遣事業 登録講師)
  • (2)講座概要
  開催日時
会場又は開催方法
内容
第1回

8月30日(日曜日) 13時30分~15時15分
開催方法:オンライン

『地域への思いを語り合おう』

  • 参加者同士で日ごろの活動や地域への思いなどを語り合います。
  • チームビルディングの体験や地域の魅力発見のヒントについて学びます。
第2回

9月12日(土曜日) 13時30分~17時00分
会場:新庄市エコロジーガーデン研修室等

『フィールドワークに出かけよう』

  • 新庄市エコロジーガーデン周辺の「蚕糸試験場新庄支場」(建造物登録有形文化財)や新庄藩主戸沢家墓所(国指定史跡)を中心に、最上地域の歴史を学びます。
  • 講師:三浦和枝氏(最上地域史研究会幹事)
    • 実際に現地で地域資源に触れ、魅力の発見・発掘、共有を体験します。
    • 自主講座(ジモト大学プログラム)の企画内容を構築していきます。
第3回

9月26日(土曜日) 13時30分~16時00分
開催方法:オンライン

『高校生に伝えたい思いを企画にしよう』

  • 自主講座(ジモト大学プログラム)の企画内容を構築していきます。
  • プログラム参加者(高校生)への効果的な伝え方等を検討します。
第4回

11月14日(土曜日) 9時00分~17時00分で実施に必要な時間
会場:新庄市エコロジーガーデン研修室等又はオンライン

『高校生にエコロジーガーデン(または地域)の魅力を伝えよう』≪トライアル(ジモト大学プログラム)≫

  • 高校生等(10名程度)を対象に、企画した講座を実施します。
  • 高校生に対して大人が知っている地域の魅力を伝え、対話を通じて共に考えます。

※ジモト大学:管内の高校生に、地域の大人との対話をとおして地域の現状や課題を楽しく学ぶ機会を提供するもの。

第5回

11月29日(日曜日) 13時30分~15時00分
開催方法:オンライン

企画のふりかえり

  • 講座実施を振り返り、魅力発見の活用や地域での応用等を考えます。

申込方法・締切

  • (1)申込方法
    下記チラシの参加申込書に必要事項を記入のうえ、問い合わせ先のメールまたはファックスあてにお申し込みください。
  • (2)申込締切
    8月21日(金曜日)まで

会場開催時の新型コロナウイルス感染拡大防止について

  • 会場は、十分な座席の間隔を確保して配席のうえ、適切な換気を行います。
  • 参加者は、事前の検温、マスクの着用、こまめな手洗い・手指消毒、各自での飲料水の持参等の感染予防策の実施をお願いします。