更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

百日咳

1 百日咳とは

百日咳は、百日咳菌による感染症です。感染経路は、飛沫感染や接触感染です。
潜伏期間は5~10日で、母親からの免疫(経胎盤移行抗体)が期待できないために乳児がかかりやすく、
重症化しやすい傾向にあります。大人でも罹患することがあります。
学校保健安全法では、特有な咳が消失するまで出席停止となっています。

2 症状

  • 鼻水、くしゃみ、咳、痰
    • 第1期(発症~2週間)
      はじめは普通の風邪と同じような症状で、次第に咳の回数が増え激しい咳になってきます。
    • 第2期(2~3週間続く)
      咳が激しくなりますが発熱はありません(あっても微熱程度)。この時期、短い咳が連続して起こり、
      続いて息を吸うときにヒューという音が出る特徴的な症状がみられます。
      子供は咳と一緒に嘔吐したり、呼吸困難になり、顔や唇が青くなるチアノーゼやけいれん、
      無呼吸発作を起こす事もあります。また、咳発作は夜間に多くみられます。
    • 第3期(2.3週~)
      激しい咳は次第に見られなくなりますが、忘れた頃に激しい咳が出ます。
      回復(第1期から3期)まで約2~3ヶ月かかります。
  • 合併症
    肺炎、脳症などがあります。
    学校保健安全法では、特有な咳が消失するまで出席停止となっています。

3 予防接種と対処方法

  • 予防接種
    一類疾病の定期予防接種で、ジフテリア、百日咳、破傷風を対象としたDPT(三種混合)ワクチンがあります。
    副反応は接種後7日までに、局所に発赤、腫脹、硬結がみられます。
    DPT接種は、合計5回の接種が必要です。
    1期として初回は3~8週間の間隔をおいて3回接種。
    追加接種は初回の3回目接種から6月以上の間隔をおいて1回接種。
    2期は11~12歳までの間に1回接種。
    詳細はお住まいの市町にご確認ください。
  • 対処方法
    低温で乾燥した空気や激しい運動、ほこり、タバコの煙などは咳を誘発します。
    加湿器を使用するなど、のどの乾燥を防ぎ水分補給に心がけましょう。

4 全国の流行状況

過去10年間の全国の流行状況はこちらをクリックしてください。

問い合わせ先

置賜総合支庁 (置賜保健所)

生活衛生課 感染症予防担当

電話 0238-22-3002(担当直通)

住所 992-0012
山形県米沢市金池7丁目1-50

お問い合わせ

置賜総合支庁保健福祉環境部生活衛生課 

住所:〒992-0012 米沢市金池七丁目1番50号

電話番号:0238-22-3741

ファックス番号:0238-22-3850