ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 農業総合 > 川西町こうずく地区の水田畑地化の取り組み

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

川西町こうずく地区の水田畑地化の取り組み

水田畑地化の取り組み

川西町こうずく(高豆蒄)地区は、主要地方道高畠・川西線の北側から、一級河川犬川まで広がる約100haの地域です。川西町は耕地面積に占める水田面積が9割と高く、良質米の生産地として知られてきました。しかし米価の下落とともに、生産性の高い農業に対応した水田整備率が問題となっていました。

このため、担い手への農地集積及び稲作から園芸作物への転換を目指し、平成22年度~平成26年度の間「戸別所得補償実施円滑化基盤整備事業」を実施しています。ほ場の大区画化とともに、県の水田畑地化対策として、暗渠排水と地下灌漑を両立して作物の生育状況に適した地下水位を調整できる「地下かんがい方式」を導入しました。

野菜栽培実証の取り組み

また、基盤整備を契機として園芸作物導入を促進するため、「こうずく地区新たな産地形成推進連絡会議(こうずくプロジェクト)」を設置しました。園芸作物の導入に対する農家の不安を解消し、水田畑地化の取り組みを拡大するため、県と川西町、JA山形おきたま、JA全農山形、白川土地改良区、こうずく地区事業施行委員会が、それぞれの専門の知識と力を組み合わせ、農家に対する支援を行っています。

平成24年度はキャベツやトマト、ネギ等の実証栽培を行いました。平成23年度に25aの実証栽培を行った加工用キャベツは、8月に大幅に面積を増やした123aを定植しました。雨の少ない年となりましたが地下灌漑の効果もあり、10月には無事収穫を行いました。また、加工用トマトを71a、ネギ32aを栽培し、いずれも9月に収穫されました。

こうずく

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

置賜総合支庁産業経済部農村計画課 

住所:〒992-0012 米沢市金池七丁目1番50号

電話番号:0238-26-2230

ファックス番号:0238-21-6943

右ナビ-管理ナビ