検索結果

出羽三山巡礼句 芭蕉筆 (でわさんざんじゅんれいく ばしょうひつ)


名称(事業名) 出羽三山巡礼句 芭蕉筆
ふりがな でわさんざんじゅんれいく ばしょうひつ
指定区分 県指定文化財 書跡
指定年月日 昭和53(1978)年 11月 1日
所在地(市町村) 山形市大手町1-63
所有者(実施団体名) (公財)山形美術館
概要
(活動状況等)
松尾芭蕉(1644~94年)が元禄2年(1689年)の6月3日、修験道の霊場羽黒山に到着、同8日には月山と湯殿山を巡っている。
これら出羽三山を詠んだのが本作品である。『おくのほそ道』本文にも、「坊に帰れば、阿闇梨の需めに依て、三山の句々、短冊に書」と記されている。
涼風やほの三か月の羽黒山桃青
雪の峯いくつ崩れて月の山桃青
かたられぬゆどのにぬらす袂かな桃青
3幅対の短冊の筆跡は、伸びやかで流れるごとく、芭蕉晩年の名筆である。
(各縦34㎝、横5.8㎝)
問い合わせ先 山形美術館
期間限定での公開
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
ホームページ:出羽三山巡礼句 芭蕉筆
Tel:023-622-3090