ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 水環境 > 山形県の大気・水環境等の状況

山形県の大気・水環境等の状況

令和元年度山形県の大気・水環境等の状況(概要)

 山形県では、大気汚染防止法、水質汚濁防止法等に基づき、大気環境、水環境及び環境

中のダイオキシン類の常時監視を実施し、1年間の測定結果を取りまとめて公表しています。

 令和元年度の常時監視の結果は、一部の項目で環境基準を達成できませんでしたが、人

の健康や生活環境に影響が生ずるレベルではなく、概ね良好な状況でした。

1 大気環境の状況

(1) 大気環境測定結果

  二酸化硫黄などの大気汚染物質については、一般大気測定局 15局、自動車排

 出ガス測定局1局で測定を行い、ベンゼン、ジクロロメタンなどの有害大気汚染物

 質については、酒田市及び鶴岡市の2地点で測定を行った。

ア 大気汚染物質

  ・ 二酸化硫黄、二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質、微小粒子状物質 

   (PM2.5)については、測定している全ての測定局で環境基準を達成した。  

  ・ 光化学オキシダントは、測定している8測定局全てで環境基準を達成できなか

   ったものの、大気汚染防止法で定める屋外活動の自粛を促す注意報発令基準

   値を下回った。

イ 有害大気汚染物質

  ・ ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタンの4物質に

   ついて、1地点で測定し環境基準を達成した。

    ニッケルやひ素などのその他の有害大気汚染物質については、2地点で測定

   し指針値を下回った。

 

(2) 酸性雨測定結果(山形市及び村山市の2地点で測定)

 ・ 1年間の全降雨のpH平均値は 山形市5.24、村山市5.10であり、全国平均(4.77)

  より酸性度は弱かった。

2 航空機騒音の状況

  山形空港航空機騒音測定結果(周辺地域の4地点で測定)

  山形空港周辺地域における航空機騒音の測定結果は、39~46デシベルであり

 各監視地点で環境基準(62デシベル)を達成した。

3 水環境の状況

(1) 公共用水域水質測定結果(58河川、9湖沼及び2海域で、77水域の98地点で測定)

  生活環境の保全に関する項目(生活環境項目)のうち、BOD等の一般項目につ

 いては71水域89地点、水生生物の保全に関する項目(水生生物保全項目)につい

 ては11水域13地点で測定を行った。

  また、有害物質等、人の健康の保護に関する項目(健康項目)については、56地

 点で測定を行った。

ア 生活環境項目(BOD、COD等)

  ・ 環境基準の類型を指定している55水域のうち、54水域で環境基準を達成した。

  ・ 水生生物保全項目について、類型指定している11水域全てで、環境基準を達

   成した。

イ 健康項目(カドミウム、シアン等有害物質26項目)

  ・ 健康項目について、56地点のうち、54地点で環境基準を達成した。

 

(2) 地下水水質測定結果

ア 概況調査(地域の全体的な地下水質の状況を2kmメッシュごと把握する調査)

  ・ 山形市及び置賜地区の26地点において調査を実施した結果、川西町高山地区

   の1地点で砒素が環境基準値を超過した。

イ 汚染井戸周辺地区調査(アの概況地区調査等により判明した地下水汚染について、汚染範囲を確認するための調査)

  ・ 令和元年度概況調査により汚染が判明した川西町高山地区については、自然

  由来と考えられ、また、周辺に飲用井戸がないため、調査を行わなかった。 

ウ 継続監視調査(地下水汚染が確認された地域について、継続的に監視を行うための調査)

  ・ 山形市等18市町村の36地点で実施したところ、砒素が6地点、有機塩素化合

  物が6地点、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素が3地点、ふっ素が2地点、ほう素が

  1地点で環境基準値を超過した。

エ 地下水汚染対策調査(汚染物質を除去するため、事業者が地下水汚染対策を行っている地区の水質の調査)

  ・ 5地区35地点で調査を実施した結果、2地区7地点で環境基準を超過しており、

  ほぼ横ばいで推移している。

4 ダイオキシン類の状況

(1) 環境中のダイオキシン類測定結果

 ・ 一般環境や焼却炉等の発生源周辺におけるダイオキシン類の状況を把握する

 ため、大気、公共用水域(水質、底質)、地下水及び土壌について11 市町の49地点

 で測定を行った結果、全ての地点で環境基準を達成した。

 

(2) 廃棄物焼却炉等の設置者による排ガス等に含まれるダイオキシン類の測定結果

 ・ 報告義務のある89施設のうち85施設から報告があり、排出基準を超過した施設

  はなかった。

    なお、報告のなかった4施設のうち3施設は年度途中に休止したため測定がで

  きなかった施設であり、再稼働した際に速やかに測定結果を報告することとして

  いる。残りの1施設については、現在分析中で測定結果判明後報告される予定の

  施設である。

令和元年度公表資料

過去の公表資料

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成21年8月18日:平成20年度の状況を公開
  • 平成22年7月21日:平成21年度の状況を公開
  • 平成23年8月23日:平成22年度の状況を公開
  • 平成24年8月8日:平成23年度の状況を公開
  • 平成25年8月17日:平成24年度の状況を公開
  • 平成26年8月28日:平成25年度の状況を公開
  • 平成26年12月5日:平成25年度のデータを更新
  • 平成27年9月4日:平成26年度の状況を公開
  • 平成28年9月8日:平成27年度の状況を公開
  • 平成29年8月24日:平成27年度のデータを修正
  • 平成29年9月7日:平成28年度の状況を公開
  • 平成30年9月4日:平成29年度の状況を公開
  • 令和1年6月5日:平成30年度の状況を公表

関連情報