ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 地球温暖化 > レジ袋有料化

レジ袋有料化

令和2年7月1日からレジ袋が有料での配布となりました!

 容器包装リサイクル法の関係省令改正により、令和2年7月1日からプラスチック製買物袋(いわゆるレジ袋)を有料で配布することが義務付けられています。

 

 ※配布するプラスチック製買物袋(レジ袋)が、(1)厚さ50μm以上、(2)海洋生分解性プラスチックの配合率100%、(3)バイオマス素材の配合率25%以上、のいずれかに該当する場合は、有料義務化の対象外となります。詳しくは経済産業省のHPをご覧ください。 

 

 この機会にマイバックを活用するなど、レジ袋の削減にご協力ください。

 

(参考) レジ袋チャレンジ(レジ袋チャレンジHP

 レジ袋有料化をきっかけに、プラスチックごみ問題について考えていただき、日々の買い物でマイバッグを持参して、“レジ袋はいりません”、“レジ袋は結構です”と辞退することが当たり前になる、そういった一人一人のライフスタイルの変革を目指す環境省のキャンペーンです。

 レジ袋チャレンジの目標:レジ袋をもらわない人の割合を6割に!
 

レジ袋有料化に関するチラシ、ガイドライン等 

一般向け、事業者向けのチラシ、ガイドライン等

 

店舗向けのポスター、POP等

 

 ※ チラシ、ガイドライン、ポスター等は経済産業省のHPからもダウンロードできます。

 

 

ごみゼロやまがた県民運動キャラクター「ごみゼロくん」

 

「マイバックを活用しよう!」

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ