ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 食生活・消費生活・住まい > 消費生活 > アルコール消毒製品の転売禁止について

アルコール消毒製品の転売禁止について

5月22日、「国民生活安定緊急措置法施行令」の改正が閣議決定されました。

これにより5月26日から国民生活安定緊急措置法に基づき、アルコール消毒製品の転売が規制されます。

 

<改正の背景>

・新型コロナウイルス感染症の発生を受け、国ではメーカーに対しアルコール消毒製品の増産要請を行いつつ、インターネット販売サイト運営事業者に対して出品・販売の自粛を要請する等の転売対策を実施してきたが、依然として転売事例が多数存在。

・緊急事態宣言の解除に伴い、営業を再開する店舗等においてアルコール消毒製品への需要拡大に対応する必要。メーカー各社は大幅な増産に取り組んでいるが、転売事例が多数存在する状況においては、不適切な購入が継続し、結果として、一般の方々のアルコール消毒製品へのアクセスに問題が生じるおそれ。

 

<規制対象製品>

 消毒等に使用されることが目的とされているアルコール製品(医薬品、医薬部外品、その他)

 

<転売行為の定義>

 小売店舗やインターネット等から購入したアルコール消毒製品を、購入した金額より高い価格で、店舗、フリーマーケット、インターネット等を通じて不特定又は多数の者へ販売すること

 

詳細は以下の関連情報を参照ください。

 

【関連情報】

国民生活安定緊急措置法施行令の改正について  [PDF:1.2MB] [厚生労働省、財務省(国税庁)、経済産業省、消費者庁]

転売規制についてのQ&A  [PDF:654KB] [厚生労働省、経済産業省、消費者庁、国税庁]

新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと [消費者庁]

マスクや消毒液やトイレットペーパーの状況 ~不足を解消するために官民連携して対応中です~ [厚生労働省・経済産業省]

 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ