ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 食生活・消費生活・住まい > 消費生活 > あくびコミュニケーションズに関する注意喚起

あくびコミュニケーションズに関する注意喚起

概要

  電気通信事業者「あくびコミュニケーションズ」(令和2年2月28日(金)付けで裁判所が破産手続開始決定)に関する相談が、消費生活センターに多数寄せられています。

相談事例

電話勧誘を受け、光回線を当該社に変更した。月額利用料金はクレジットカードで支払っているが、通常は月4,500円程度なのに、クレジットカード会社から届いた3月分の請求金額お知らせメールに18万円と記されていた。高額請求の理由が不明。(53歳・女性)

該当する消費者の方へ

・当該事業者は光卸回線事業のほか、小売電気事業、携帯端末向け格安通信サービス事業を展開しています。

・破産管財人からの郵送物は、必ず中身を確認してください。

・上記事例の場合、問い合わせ先は破産管財人となります。

 (電話の殺到で、繋がりにくいことがあります)

啓発チラシ(PDF713KB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 令和2年3月掲載

関連情報