ホーム > 組織で探す > 防災くらし安心部 > 防災危機管理課 > こちら防災やまがた! > 新型コロナウイルス関係 > 事業者等における新型コロナウイルス感染防止について

事業者等における新型コロナウイルス感染防止について

業種ごとの「感染拡大予防ガイドライン」について

 業種ごとの「感染拡大予防ガイドライン」が各団体等のホームページに掲載されておりますので、ガイドラインを踏まえた感染拡大予防の取組みを実践していただきますようお願いいたします。 

 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室 業種ごとの「感染拡大予防ガイドライン一覧」(外部サイト)

 

県内事業所等における新型コロナウイルス感染予防策のご紹介 

 県内企業・団体において実施している、新型コロナウイルス感染予防策の取組みを紹介します。

 県民の皆様におかれましては、施設を利用する際の参考にしていただくとともに、これら取組みへのご理解とご協力をお願いします。

運輸業

実施者:JR東日本仙台支社

「新型コロナウイルス感染拡大防止の取組みについて」(令和2年5月22日JR東日本仙台支社プレスリリース資料)のとおり実施

実施者:山交バス株式会社

1.乗務員は手洗い(アルコールスプレーによる手指消毒)・うがいを徹底しております

2.乗務員はマスクを着用しております

3.乗務員は乗務前点呼時に体温測定を行っており、健康状態の確認を徹底しております

4.車内清掃時に次亜塩素酸ナトリウム液で手すり・つり革等を拭いております

5.一般路線バスは基本的に換気の為に上段の窓を開けて運行しております(雨天時を除く)

6.一般路線バスは運行中、換気扇による車内換気を実施し、停留所で乗降がある都度、前扉・後扉を一斉に開けて車内換気に努めております

7.都市間バスでは換気扇による車内換気、窓を開けるなどして空気の入替をしております

8.都市間バスには乗降口付近に手指消毒用アルコールスプレーを常備しております

実施者:庄内交通株式会社

1.乗務員および窓口従業員は、マスクを着用しております

2.従業員は、毎日、体温測定等による健康管理を実施しております

3.従業員は、手洗い・アルコールによる手指の消毒うがいを徹底しております

4.運行のバス車両は、次亜塩素酸水で空間および手すり等の除菌を実施しております

5.運行のバス車両は、運行中、換気扇などによる車内換気の実施、また停留所で乗降がある都度、前扉・後扉を一斉に開けて「密閉」回避の為の車内換気を行っております

6.高速バス・貸切バス・庄内空港連絡バスには、バス車内に手指消毒用のアルコールを設置しております

 

不動産業

実施者:公益社団法人山形県宅地建物取引業協会、公益社団法人全日本不動産協会山形県本部

・宅地建物取引士の法定講習に関する特例について

 国土交通省の通知に基づき、教材を用いた自宅学習及び効果測定(確認テスト)で実施

 

 宿泊業、飲食サービス業

実施者:山形県旅館ホテル生活衛生同業組合

宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドラインにより実施

実施者:山形県社交飲食業生活衛生同業組合

1.入店時に手指のアルコール消毒の徹底

2.テーブル、ソファ、ドアノブ等、手の触れる場所の消毒を徹底する。入替時も同様に徹底する

3.こまめな換気

4.大人数になったら入店を制限する

5.体調の悪い方の入店を断る

6.しばらくは常連客のみの入店にする(スナック)

7.客席の間隔を空けて案内する

8.従業員に対しても体調管理の徹底と手洗い、消毒、清潔を徹底する

9.厨房での従事者のマスク着用の徹底

10.食器、食材の洗浄の徹底

実施者:山形県鮨商生活衛生同業組合

1.従業員の検温体調確認を行う

2.従業員のマスクの着用努める、手指の消毒咳エチケット手洗いの励行

3.お客様の入店時等における手指の消毒をお願いする

4.お客様同士の間隔を空けて席へご案内する

5.店舗内の定期的な消毒

6.定期的に換気を行う(可能であれば2つの方向の窓を同時に開ける)

実施者:山形県料理飲食業生活衛生同業組合

1.従業員のマスク着用は必須とする

2.消毒液を常設し従業員、お客様に提供する

3.客席を減らして間隔をあけて営業する

4.換気設備を常時稼働することと、窓を開けての換気を定期的に行う

5.営業時間の短縮を可能にするべくテイクアウトや出前を活用する

6.レジでの支払いを減らして客席でのお会計をすすめる

7.使用したテーブル等は必ず消毒する

8.長時間に渡る飲酒の無いようお客様にお願いする

 

サービス業

実施者:山形県クリーニング業生活衛生同業組合

1.店頭では、カウンターでの衣類の受け渡しに対して必ずマスクを着用し、飛沫感染防止として透明のビニール製カーテンスクリーンなどを設置することを勧めております

2.受付での衣類のチェックは、とても大切な工程であり、ポケットの中身の確認を行ってハンカチやマスクなどの残留物はその場でお客様に返却するよう勧めております
3.店頭には、消毒液を置き、お客様に消毒していただくようお願いしています
4.店頭では、常にカウンターやドアなど消毒を行い、来店のお客様が安心して衣類の受け渡しができるよう勧めております
5.工場内では、こまめに手洗い指先の消毒に努め、従業員や家族の毎朝の検温の徹底、作業中は密にならないように間隔をあけて行うよう勧めております
6.陽性反応が出た自宅待機者や濃厚接触者に対する衣類などにつきましては、お断りを勧めております
7.外交(集配)の際は、予めお客様にご連絡をして訪問するよう勧めております
8.もしも、従業員に感染者が出た場合、速やかに管轄の保健所に連絡するよう保健所の指導に従うことをお願いしております
  お預かりしている衣類の対処につきましては、保健所の指導に従い、お客様にも早めにご連絡をするようお願いしております
9.人ごみの多い場所への不要な外出を避けるようお願いしております

  ※組合加盟店には、全国クリーニング業生活衛生同業組合より作成のチラシを配布しており、店頭にも掲示するよう勧めております

実施者:山形県理容生活衛生同業組合

1.こまめな消毒

2.感染防止のためのマスクの着用

3.石鹸や消毒用アルコールによる手指消毒の徹底

4.店舗内の換気をこまめに充分行い密閉をさける

5.タオル、衣服等々は蒸気消毒や、塩素系漂白剤を使用量の目安に従ってこまめに洗い完全にかすこと

6.手洗いうがいをこまめに行う

7.予約制による密接・密集をさける感染防止

8.サロン内での会話・発生を少なくする

9.カットオンリー、シャンプー&セットオンリーなどサービスタイムを短くする

10.スタッフ(理容師)の健康管理に万全をつくす

実施者:一般社団法人山形県温泉協会

1.浴室及び脱衣所の換気の励行について

 ①機械換気の場合

  ・ 換気扇の点検を定期的に行う

  ・ 定期的に外気を取り入れる換気の実施

 ②窓の解放による場合

  ・ 30分に1回位の頻度で、数分間、窓を全開する

  ・ 空気の流れを作るため、複数の窓がある場合、2方向の窓を開放すること

2.脱衣室の脱衣カゴについて

   1日数回、アルコール消毒を行う

3.トイレについて

   1日数回、塩素消毒を行うこと(便座、流水レバー、手すり、ドアノブ等全て)

実施者:山形県興行生活衛生同業組合

 
  1.四方を空けた形の座席販売

2.マスク着用鑑賞の義務化(未着用の映画鑑賞者に限り、一枚50円で販売)

3.チケット売場及び飲食売店のカウンターに透明な仕切りを用意し、ソーシャルディスタンスを設ける

4.一定の間隔を空けての入退場をお願いする

5.幕間のアルコール消毒、清掃を徹底する

6.入場時に手指のアルコール消毒をお願いする

7.その他

 ・県内映画館は、床面積1㎡当たり毎時75㎥以上の空気を常時供給する機能を有している

 ・スタッフ出社時の検温・手指のアルコール消毒・うがい、スタッフのマスク着用を義務化

 ・お客様への咳エチケットの徹底 

 


道の駅
営業時間に変更が生じていますので、ご利用の際は各道の駅にご確認をお願いします。

実施者:月山(鶴岡市)

 1.利用者、従業員ともマスク着用手指消毒の徹底
 2.受付に飛沫感染防止のためのシートを設置
 3.施設内各所へ、感染拡大防止に関わる注意書きの掲示
 4.換気の徹底
 5.持帰りメニューを販売、自宅での飲食を促進
 6.座席数を減らし、利用者グループの間隔をとる
 7.厨房・レジの間に飛沫防止シールドを設置

実施者:河北(河北町)

 1.入口に消毒液を設置
 2.休憩スペースの座席数を減らす
 3.レジに飛沫感染防止のためのシートを設置
 4.職員のマスク着用の徹底
 5.定期的な換気

実施者:寒河江(寒河江)

1.入口に消毒液を設置
2.来場者の間隔をあける
3.来客者へのマスク着用を依頼

実施者:あつみ(鶴岡市)

1.入口に消毒液を設置
2.レストランの座席数を減らし、対面座りを防止
3.レジに飛沫感染防止のためのシートを設置
4.来場者へ、マスク着用、消毒液での消毒のお願い
5.レジ前に足跡シールを張り密接防止
6.従業員の体温チェック

実施者:にしかわ(西川町)

1.入口に消毒液を設置
2.来場者の間隔をあける
3.来場者へのマスク着用を依頼

実施者:いいで(飯豊町)

1.入口に消毒液を設置
2.来場者の間隔をあける
3.来場者、従業員ともマスク着用手指消毒の徹底

実施者:むらやま(村山市)

1.各カウンター、レジに飛沫感染防止のためのシート設置
2.各所に消毒液を設置
3.施設職員のマスク着用
4.券売機待ち位置表示
5.飲食スペースの座席数減

実施者:とざわ(戸沢村)

1.入口に消毒液を設置
2.従業員のマスク着用
3.レジに飛沫感染防止シートを設置

実施者:鳥海(遊佐町)

1.各所に消毒液を設置
2.来場者へのマスク着用をお願い
3.換気の徹底
4.施設内の食堂の座席数を減らす

実施者:田沢(米沢市)

1.混み合うような場合は入場数を調整
2.レジには飛沫感染防止のためのシートを設置
3.入口に消毒液、施設内に除菌加湿器を2台設置
4.高窓を全開にして換気の徹底
5.従業員に対して手洗い、消毒を徹底

実施者:白い森おぐに(小国町)

1.入口に消毒液を設置
2.軽食コーナーの座席数を減らす
3.レジカウンターに飛沫感染防止のためのシートを設置
4.従業員のマスク着用
5.座席のアルコール消毒(客が入れ替わるたびに)
6.トイレドアノブのアルコール消毒(定期的に)
7.入口へ感染防止対策の貼紙を掲示

実施者:おおえ(大江町)

1.入口に消毒液を設置
2.レジに飛沫感染防止のためのシートを設置
3.レジに並ぶ利用者の間隔確保
4.換気の徹底
5.従業員のマスク着用

実施者:庄内みかわ(三川町)

1.山形県内のみの方の利用(証明書類の提示を求める)
2.出入口に消毒液を設置
3.従業員のマスク着用
4.来場者にもマスク着用をお願い
5.レジに飛沫感染防止のためのシートを設置
6.施設内の食堂の座席数を減らす

実施者:たかはた(高畠町)

1.消毒液の配置
2.入店時のマスク着用消毒の実施を依頼
3.室内換気窓、出入り口ドアの開放
4.レジや、案内カウンターへの飛沫感染防止防止のためのシートを設置
5.各所にコロナウィルス拡散防止と対処ポスターを掲示
6.椅子の間引き配置(対面をなくす)
7.密接防止のための床へ手のテープ張り付け、間隔依頼

実施者:尾花沢(尾花沢市)

1.入口に消毒液を設置
2.従業員のマスク着用
3.来場者の間隔をあける

実施者:白鷹ヤナ公園(白鷹町)

1.入口に消毒液を設置
2.換気の徹底
3.従業員のマスク着用

実施者:あさひまち(朝日町)

1.入口に消毒液の設置
2.レジに飛沫感染防止シートを設置
3.レジでのおつりの渡しはトレーで行う
4.従業員のマスクの着用
5.掃除の際、アルコールを使い掃除を行う

実施者:しょうない(庄内町) 

1.入口に消毒薬を設置
2.レストランの座席の変更
  (対面式にせず、全席が窓の方向に向いて座るようにした)
3.レジに飛沫感染防止のためのシートを設置
4.レジ内の加湿器で塩素の蒸気噴霧
5.従業員のマスクを着用、来場者へのマスク着用依頼
6.従業員、商品搬入者の検温(非接触式)

実施者:川のみなと長井(長井市)

1.消毒液の設置
2.レジに飛沫感染防止のためのシートを設置
3.従業員のマスク着用の義務化
4.三密を避ける旨が表示された注意喚起のポップの掲示
5.換気の徹底
6.従業員の体温検査

実施者:米沢(米沢市)

1.入口4か所への手の消毒液設置および各所に消毒液設置
2.無料休憩所のテーブル数減少、テーブル椅子の間隔を広く
3.レジ待ちのお客様の間隔を開けるよう床に目印の表示
4.レジカウンターに感染防止ビニールシート設置
5.レジにアルコール消毒液設置し、定期的にお客様の触れる箇所の消毒
6.買い物かごの定期的な消毒
7.フードコートのテーブル、椅子の間隔を開け、席数を減および仕切りを設置
8.情報コーナーモニターのタッチパネルの定期的消毒
9.入口および各所にマスク着用等のお願い文掲示
10.天窓を開け換気量を増
11.従業員の朝・夕2回の体温測定および体調の報告(休日も含む、家族の体調も含めチャットワークでリアルタイムに報告)、体調が悪い場合の自宅待機および受診の徹底
12.従業員へゴム手袋の着用及び手指の消毒の徹底指示

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報