ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 食品安全衛生課 > 食品検査に関すること(関連ファイル) > 残留有害物質モニタリング検査

残留有害物質モニタリング検査

 山形県では、県内で生産された畜水産食品(牛肉・豚肉・鶏卵・乳(生乳)・養殖魚・はちみつ)に、

抗生物質 ◎合成抗菌剤 ◎残留基準の設定されている動物用医薬品 が残留していないかを検査しています。

牛肉・豚肉は、食肉衛生検査所、その他の食品は衛生研究所で検査しています。

違反が確認された場合は、国や他の都道府県、関係部局、関係団体などと連携して、その食品の流通防止に努めます。

また、生産者に対し、関係部局による調査・指導体制が取られています。

平成29年度

 

検体名検査検体数延べ検査項目数延べ陽性数違反の内訳
牛肉(筋肉)000 
豚肉(筋肉)00 0 
鶏卵11154 0 
798 0 
養殖魚10150 0 

 

ニジマス5750 
イワナ2300 
コイ3450 
     
     
はちみつ6100 
食鳥肉 6 90  0 

検査項目:抗生物質、合成抗菌性物質など15成分

牛肉、豚肉の収去件数は頭数

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2018-01-12 検査結果更新

関連情報