ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 危機管理課(復興・避難者支援室) > こちら防災やまがた! > 減災のための『やさしい日本語』

減災のための『やさしい日本語』

減災のための『やさしい日本語』

「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、外国人もわかりやすい日本語のことです。
これは、地震などの災害が起こったときに有効なことばです。
95年1月の阪神・淡路大震災では、日本人だけでなく日本にいた多くの外国人も被害を受けました。
その中には、日本語も英語も十分に理解できず必要な情報を受け取ることができない人もいました。
そこで彼らが災害発生時に適切な行動をとれるように考え出されたのが「やさしい日本語」なのです。


○やさしい日本語パンフレット(山形県/公益財団法人 山形県国際交流協会(AIRY)

 

みんなで使おう!
外国人に伝わりやすい「やさしい日本語」
(PDF:800KB)
外国人に伝わりやすい「やさしい日本語」作成の手引き(PDF:3.5MB)
みんなで使おう!外国人に伝わりやすい「やさしい日本語」外国人に伝わりやすい「やさしい日本語」作成の手引き


参考リンク:やさしい日本語について(弘前大学人文学部社会言語学研究室)


 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報