ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 危機管理課(復興・避難者支援室) > こちら防災やまがた! > 蔵王山 > 蔵王に関する情報について

蔵王に関する情報について

蔵王に関する情報について

 

蔵王山(※)の火口周辺警報について

 

 平成30年1月30日午後2時38分、仙台管区気象台から蔵王山の「火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)」が発表されました。想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2kmの範囲が避難勧告区域ですので、地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。

 

 一方、今回の噴火警戒レベル2による警戒範囲や避難勧告区域は、想定される火口域から概ね1.2kmに限られ、蔵王温泉街は、想定火口域から熊野岳と地蔵山の大きな山を二つ越え、約5~6km離れたところにあります。

 蔵王温泉街、蔵王温泉スキー場、蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅、蔵王坊平アスリートヴィレッジ、坊平ペンション村及び蔵王ライザワールドなどは、いずれも避難勧告区域外にあり、通常どおり営業していますので、安心してご利用してください。

 

 ※ 蔵王山という山はありませんが、気象庁では火山について表示する場合は蔵王山(ざおうざん)と表現しています。

 

観光に関する情報はこちらから

やまがたへの旅(山形県観光情報ポータルサイト)

蔵王の観光施設の位置図

 

 

噴火警戒レベル2警戒範囲

(画像をクリックすると、PDF(1.1MB)が開きます)

蔵王山の火山活動の状況

火山性地震等の火山活動状況は、気象庁及び仙台管区気象台のホームページをご覧ください。

 

 ・蔵王山の日別地震回数(仙台管区気象台ホームページ)

 ・蔵王山の火口カメラ画像(気象庁ホームページ)  ※リンク先の観測点で「蔵王山 刈田岳」を選択ください。

 ・蔵王山の活動状況(気象庁ホームページ)

 

蔵王山の火口周辺警報発表に係るQ&A

 皆様から質問が寄せられた主な内容をQ&A形式にまとめました。 

 Q1 蔵王山に火口周辺警報が出されていますが、火口から離れている蔵王温泉や蔵王高原坊平は安全ですか。

 A1 今回の火口周辺警報による警戒範囲や避難勧告区域は、想定される火口域から概ね1.2kmを対象とするものです。

 蔵王温泉は、想定火口域から約5~6km離れており、その間には、地蔵山と熊野岳という二つの山もあり、たとえ想定されている噴火が起きても、蔵王温泉は安全です。

 蔵王高原坊平、蔵王坊平アスリートヴィレッジ、坊平ペンション村、蔵王ライザワールドや蔵王温泉スキー場も同様に、警戒範囲や避難勧告区域の対象外ですので安全です。

 Q2 噴火警戒レベルは、どのような状態になると引き下げられるのですか。

 A2 今回、仙台管区気象台が噴火警戒レベルを1から2へ引き上げたのは、「蔵王山の噴火警報レベル判定基準」を基に、火山活動の状態を判断して出されたものです。

 噴火警戒レベルの引き下げについても、この基準を基に仙台管区気象台で判断することとなりますが、基準では「原則、判断基準のいずれの項目も基準以下となり、再び基準以上になる可能性が低くなった場合とする」としております。

 今後、仙台管区気象台から発表される情報にご留意ください。

 Q3 火口周辺警報と避難勧告を知らせる緊急速報メールが配信されましたが、関係する地域(エリア)に限定して配信できないのですか。

 A3 現在、緊急速報メールの配信先として指定できるエリアの最小単位は市区町村単位となっており、各携帯電話会社では、市町村のエリアを限定して配信するのは技術的に困難としております。

蔵王山火山防災マップ

 

  蔵王山火山防災協議会は、平成29年1月に蔵王山火山防災マップを作成しました。

  (平成14年3月に作成したマップを改訂したものです。)

 

 このマップは、平成27年5月に国が策定公表した「蔵王山火山噴火緊急減災対策砂防計画」を基に、住民の方々や観光などで滞在される方々などに火山災害の危険性や避難の必要性などを理解していただくために作成しました。

 マップでは、万一蔵王山が噴火した場合に予想される火山現象の種類や噴火の規模をもとに、災害の影響が想定される区域を示すとともに、避難場所や避難時の心得などを掲載しております。

 

蔵王山火山防災マップP1(jpg)

 

蔵王山火山防災マップP2

(画像をクリックすると、PDF(5.2MB)が開きます)

蔵王山噴火警戒レベルの導入について

  気象庁は、平成28年7月26日(火)14時から、蔵王山への噴火警戒レベルの運用を開始しました。

  現時点において、蔵王山は「火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)」が発表されております。

 

 噴火警戒レベルについては、以下の関連資料を参照してください。

 ・噴火警戒レベルの説明(気象庁ホームページ)

 ・蔵王山噴火警戒レベル(気象庁ホームページ)

 

 

蔵王山(※)「馬の背登山道」からの避難計画

   現在、蔵王山に「火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)」が発表されていますので、「馬の背登山道」には立ち入ることは出来ません。
 
 「馬の背登山道」を通行中に警報の発表、又は火山活動に異変がある場合は、誘導看板に従い、避難経路図のとおり避難してください。
   馬の背登山道避難経路図          活火山の登山の前に(日本火山学会)         
 (画像をクリックすると、PDF(1.5MB)が開きます。)              (画像をクリックすると、PDF(380KB)が開きます。)
 
 
 
 
  

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成27年5月20日0時 ページデザイン更新
  • 平成27年5月20日16時30分更新(火口カメラへのリンク追加)
  • 平成27年6月16日9時警報解除 更新

関連情報