ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 水大気環境課 > 山形県の水・大気環境等の状況

山形県の水・大気環境等の状況

平成27年度山形県の水・大気環境等の状況(概要)

 県では、大気汚染防止法、水質汚濁防止法等の関係法令に基づき実施している大気環境、水環境及び環境中のダイオキシン類の常時監視の状況について、1年間の測定結果を取りまとめて毎年公表しています。
 平成27年度の常時監視の結果は、一部の項目で環境基準を達成できませんでしたが、人の健康や生活環境に影響が生ずるものではなく、おおむね良好な状況にあります。
 その概要は以下のとおりです。

1 大気環境の状況

(1)大気環境測定結果

 ア)大気汚染物質

 ・ 二酸化硫黄などの大気汚染物質については、16の測定局で常時監視を実施し、二酸化硫黄、二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質、微小粒子状物質 (PM2.5)は、測定している全ての測定局で環境基準を達成した。

 ・ 光化学オキシダントは、測定している8測定局全てで環境基準を達成できなかったが、人への健康影が響生ずるおそれがあるとして、大気汚染防止法で定める注意報発令基準値未満であった。

 イ)有害大気汚染物質

 ・ ベンゼン、トリクロロエチレンなどの有害大気汚染物質については、3市町で測定を行い、全ての測定地点でベンゼン、トリクロロエチレンなど4物質について,、環境基準を達成した。

(2)酸性雨測定結果

 ・ 山形市及び村山市の2地点で測定を実施し、1年間の全降雨のpH平均値では、山形市、村山市とも、全国平均より酸性度は弱かった。

2 水環境の状況

(1)公共用水域測定結果

 ・ 河川、湖沼及び海域の計77水域、103地点において水質測定を実施した。

 ・ 生活環境項目については、BOD等一般項目103地点、水生生物保全項目4地点で測定を行い、一般項目は類型指定している53水域中51水域で環境基準を達成し、水生生物項目は、4水域全てで環境基準を達成した。

 ・ 健康項目(カドミウム、シアン等有害物質26項目)については、57地点で測定を行い、56地点で環境基準を達成した。

(2)地下水水質測定結果

 ・ 概況調査35地点及び継続監視調査48地点の計83地点で実施し、概況調査は全ての調査地点で環境基準を達成したが、継続監視調査は26地点で環境基準値の超過が継続していた。その他5地区で汚染対策調査を実施した。

3 ダイオキシン類の状況

(1)環境中のダイオキシン類測定結果

 ・ 大気、公共用水域(水質、底質)、地下水及び土壌について、16市町延べ52地点で測定を実施し、全ての地点で環境基準を達成した。

(2)廃棄物焼却炉等の設置者によるダイオキシン類の測定結果

 ・ 稼働中の122施設のうち121施設から報告があり、測定結果は全て排出基準を遵守していた。なお、報告がない1施設については、測定を行うよう指導している。

平成27年度公表資料

  概要のダウンロード(pdf 216KB)

  全文のダウンロード(pdf 1.7MB)

 

過去の公表資料


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成21年8月18日:平成20年度の状況を公開
  • 平成22年7月21日:平成21年度の状況を公開
  • 平成23年8月23日:平成22年度の状況を公開
  • 平成24年8月8日:平成23年度の状況を公開
  • 平成25年8月17日:平成24年度の状況を公開
  • 平成26年8月28日:平成25年度の状況を公開
  • 平成26年12月5日:平成25年度のデータを更新
  • 平成27年9月4日:平成26年度のデータを更新

関連情報