ホーム > 組織で探す > 県土整備部 > 建築住宅課(営繕室) > 住まいづくり支援担当 > 【建築住宅課】令和2年度山形の家づくり利子補給の公募について

【建築住宅課】令和2年度山形の家づくり利子補給の公募について

山形県では、住宅ローンの利子の一部を負担することで、耐久性のある、県産木材を使用した省エネルギー住宅の建設を応援しています。

申込書は建設地を所管する総合支庁建設部建築課で受け付けています。県庁建築住宅課では申込書の受け付けは行っておりませんのでご注意ください。

制度の詳細はパンフレット等をご覧ください。(各ダウンロード版は下方よりご覧いただけます。)  

募集内容

  • 「県産木材多用型」、「寒さ対策・断熱化型(やまがた健康住宅)」、「子育て支援型(三世代同居・近居)」、「移住促進型」
    • 利子補給率 0.5パーセント
    • 募集戸数 上記4タイプの合計 180戸
  • 「子育て支援型(一般)」、「耐震建替型」
    • 利子補給率 0.4パーセント
    • 募集戸数 上記2タイプの合計 90戸

募集方法・募集期間

募集期間を年3回に分け、申込数が募集戸数を超えた場合は抽選とします。申込受付状況は令和2年度 山形の家づくり利子補給 申込受付状況について(住宅情報総合サイト「タテッカーナ」へ移動)をご覧ください。

<第1回募集>   ※募集期間終了

募集期間 令和2年4月2日(木)から令和2年4月8日(水)

抽選予定日 令和2年4月10日(金) 

※募集戸数は以下のとおりです。

0.5パーセント利子補給タイプ100戸
0.4パーセント利子補給タイプ50戸

<第2回募集>   ※募集期間終了

募集期間 令和2年5月18日(月)から令和2年5月22日(金)

抽選予定日 令和2年5月27日(水)

※募集戸数は以下のとおりです。

0.5パーセント利子補給タイプ40戸
0.4パーセント利子補給タイプ20戸

<第3回募集>   ※0.4パーセント利子補給タイプは先着順で募集中

募集期間 令和2年7月6日(月)から令和2年7月10日(金)

抽選予定日 令和2年7月15日(水)

※募集戸数は以下のとおりです。

0.5パーセント利子補給タイプ47戸
0.4パーセント利子補給タイプ51戸

 

★留意事項

  1. 募集期間中、申込数が募集戸数に満たなかった場合
    • 残戸数がなくなるまで募集を継続し、先着順で受け付けます。
    • 次回の募集期間開始まで残っていた場合は、残戸数を次回の募集戸数に追加して募集します。
    • 3回目の募集期間終了後に残戸数があった場合、受付期限は令和3年2月26日(金)とします。
  2. 3回目の募集に限り、落選者には補欠順位番号を付与し、令和2年12月28日(月)までに辞退者や取下者等が生じた場合には、順位番号順に予定者決定をします。

住宅ローン契約締結期限

令和3年3月31日(水) 

 

パンフレット、交付要綱、各種様式は以下よりダウンロードできます。

  1. 令和2年度山形の家づくり利子補給 パンフレット (PDF 502.2kB)
  2. 令和2年度山形の家づくり利子補給金 交付要綱等  (PDF(ZIP形式) 758.2kB)
    ※「やまがた健康住宅」の基準は、やまがた健康住宅基準について(山形県住宅情報総合サイト「タテッカーナ」に移動)をご覧ください。
  3. 令和2年度山形の家づくり利子補給制度 各種様式 Word版(ZIP形式 1.6MB) ※一括ダウンロード
  4. 令和2年度山形の家づくり利子補給制度 各種様式 PDF版(ZIP形式 1.1MB) ※一括ダウンロード
    ※1 各様式を提出する際は、チェックリストの添付が必要です。
    ※2 「子育て支援型(三世代同居・近居)」、「移住促進型」、「子育て支援型(一般)」に申込む場合は、申込書に誓約書を添付してください。
    ※3 交付申請書の記載内容に誤りがあった場合は、申請者等の印による訂正が求められるときがあります。ご了承ください。

※4 県産材合板を使用した場合、「県産材合板使用報告書」を施工者が作成し中間検査申請書に添付してください。

※5 中間検査を申請する際、工事の進捗状況等により住宅の全景の写真、主要な柱の写真を撮影できない場合は、提出時点で添付できる写真を貼付けし、後ほど追加で必要な写真を提出してください。

※6 「子育て支援型(三世代同居・近居)」、「移住促進型」、「子育て支援型(一般)」に申込んだ場合は、住宅完成後報告書に世帯要件を満たす住民票を添付してください。

※7 繰上償還があった場合は、繰上償還報告書(様式第22号)を各金融機関に提出してください。 

★ 注意事項

(1)利子補給制度が利用できる利子補給取扱機関については、以下の一覧表をご確認ください。

令和2年度山形の家づくり利子補給制度 取扱金融機関一覧  (令和2年4月1日時点)(PDF 103.7kB)

※4 フラット35(S)が利用できる利子補給取扱金融機関は一覧表のとおりです。

一部モーゲージバンクでも利用できますのでご確認下さい。 

 

(2)他の補助事業との併用はできません。

ただし、補助事業を実施する国、県又は市町村等が利子補給制度との併用を認める場合は併用が可能です。この場合、当該住宅の建設工事費等(土地購入費等を除く。)に要する額から補助金の合計額を除いた金額以内で融資を受けることが必要です。補助事業によっては、利子補給制度と併用する場合、別に条件等があるときがあります。必ず補助事業実施団体へ御確認ください。

※7 「やまがたの木」普及・利用促進事業(山形県農林水産部林業振興課実施)と併用はできません。ご注意ください。 

★ 利子補給申込み窓口連絡先

  • 村山総合支庁建設部建築課 〒990-2492 山形市鉄砲町2-19-68          TEL 023-621-8287
  • 最上総合支庁建設部建築課 〒996-0002 新庄市金沢字大道上2034     TEL  0233-29-1420
  • 置賜総合支庁建設部建築課 〒992-0012 米沢市金池7-1-50               TEL0238-35-9054
  • 庄内総合支庁建設部建築課 〒997-1392 三川町大字横山字袖東19-1  TEL 0235-66-5640 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2020-03-31掲載

関連情報