ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 健康福祉企画課(薬務・感染症対策室) > 感染症対策担当 > 「手足口病」が流行しています!

「手足口病」が流行しています!

 現在、全国的に手足口病が流行しています。

 山形県でも患者報告数が増加しており、手足口病警報」が発令されています。 

 また、手足口病のほか、ヘルパンギーナも現在警報発令中です。

 いずれも夏に流行しやすい感染症ですので、今後さらなる患者の増加が予想されます。一人ひとりが予防に努めましょう。                                                                                                                         

  ※ 県内の感染症発生状況については → こちら

  ※ 手足口病の予防啓発・注意喚起にぜひご活用ください。 → 「手足口病に注意!」

 

手足口病とは

  • 5歳以下の乳幼児がかかりやすい感染症で、毎年夏に流行します。
  • エンテロウイルスによって引き起こされ、感染経路は様々です。

 * 飛沫感染…患者の咳やくしゃみで飛散したウイルスを吸い込むことにより感染

 * 接触感染・経口感染…水疱や便の中のウイルスが手などを介して口や目などの粘膜に入ることによる感染

  • 感染すると、3~5日間ほどの潜伏期間を経て、手や足、口の粘膜に水ぶくれのような発疹(水疱性発疹)が出現し、通常3~7日ほどで消失します。また、軽度の発熱(38度以下)が見られることもあります。
  • まれに髄膜炎や脳炎などの合併症が生じることもありますので、症状が重い場合は速やかに医療機関を受診しましょう。

                                                                                                                                                                                                 

予防方法について

◆ こまめな手洗い

  特に、調理や食事の前後、トイレやおむつ交換の後など、石けんと流水で十分に手を洗いましょう。

 

◆ 排泄物の適切な処理

  状がなくなっても、しばらくは便の中にウイルスが排出されます。手足口病にかかったお子さんの保護者の方は、おむつ交換等排泄物の処理をする際、使い捨て手袋やマスクを着用しましょう。

 

◆ タオルの共用を避ける

  手などを拭く際は、清潔なタオルを使用し、タオルの共用は避けましょう

 

◆ おもちゃなどの消毒をこまめに行う

  乳幼児がよく触る場所やおもちゃなどの消毒をこまめに行いましょう。 

 

手足口病にかかったら

  • 特別な治療法はないため、症状を楽にする治療(対症療法)が行われます。
  • 口の中に発疹ができるため、食事や水分が摂りにくくなり脱水症状を起こすことがあります。柔らかく刺激の少ないものを摂取しましょう。
                                                                          

各種外部サイトへのリンク

厚生労働省ホームページ(「手足口病に関するQ&A」)

国立感染症研究所ホームページ (「手足口病とは」)

  


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ