ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 地域医療対策課(医師・看護師確保対策室) > 救急電話相談 > 大人の救急電話相談(#8500)

大人の救急電話相談(#8500)

医療機関を受診するか迷ったときは

急病の際に、すぐに病院に行くべきか、家でしばらく様子を見るべきか迷った場合、専門的な知識と経験を持った看護師や必要に応じて医師が電話でアドバイスを行うことにより、急病時の不安の解消はもちろんのこと、適正受診への誘導も行うことで、軽症患者の休日夜間診療所の利用促進や、救急患者の多くを軽症患者が占める二次・三次救急医療機関の負担軽減にもつながるよう、「大人の救急電話相談」を実施しています。
 

○相談日:毎日

○相談時間:午後7時~10時(3時間)

○相談対象:15歳以上の方

○電話番号:プッシュ回線・携帯電話からは・・・♯8500
         ダイヤル回線・IP電話・PHSからは ・・・023-633-0799

救急電話相談チラシ(PDF:420Kb)

※この電話相談は診療行為、医療行為ではなく、電話でのアドバイスにより、相談者の判断の参考としていただくものですので、あらかじめご理解のうえ利用願います。

※相談はおおむね10分以内とさせていただきます。ご理解とご協力をお願いいたします。 

 子どもさんの急な病気などへの対応については、「小児救急電話相談」をご利用ください。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • H23.8.10新規作成しました。

関連情報