ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 置賜総合支庁 > 置賜生活衛生課 > 食品衛生関係 > 「食品表示」が変わります

「食品表示」が変わります

食品の包装やパッケージには、賞味期限や消費期限、名称、原材料名、添加物、エネルギー、栄養成分など、一定の情報が記されることが定められています。

この食品表示に関するルールは、これまで3つの法律で定められていましたが、より分かりやすい制度とするために、食品表示に関する規定をまとめて「食品表示法」が定められ、平成27年4月1日に施行されました。

新しい食品表示の概要について

概要は次のウェブサイトでご確認ください。

猶予期間について

以前の制度による表示が印刷された商品や包装材(ラベル)の在庫を抱えている事業者もあるため、新しい表示に切り替えるまで食品の種類によって下記の猶予期間が設けられています。猶予期間内に、食品表示法に基づく表示への切り替えをお願いします。

【猶予期間】
生鮮食品:1年6か月(平成28年(2016年)9月30日まで)
加工食品:5年間 (平成32年(2020年)3月31日まで)
添加物:5年間 (平成32年(2020年)3月31日まで)

「食品表示法」に関する詳しい情報について

詳しくは次のウェブサイトでご確認ください。

直売所のための食品表示ハンドブック

山形県では、初めて食品の表示をおこなう方に必要な事項について、新しいルールに基づく表示の方法をわかりやすくまとめたハンドブックを作成しています。また、農産物直売所で取り扱う食品を中心に表示例を掲載しています。

直売所のための食品表示ハンドブック

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成28年12月05日 リンクの修正
  • 平成29年01月26日 リンクの追加
  • 平成30年01月15日 過去の講習会日程を削除

関連情報