ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > 実践者に学ぶ

実践者に学ぶ

 ~農村環境保全指導員研修『地域を育てる』

 12月5日(水)、地域づくりに主眼をおいて活動する農村環境保全指導員の方々、地域を元気にするための活動を実践している地域、それらの活動事例から自らの地域における課題解決の手法を学ぼうと、『地域を育てる~実践者に学ぶ地域づくり』と題して、農村環境保全指導員研修会を開催しました。
育てる1 育てる2
質問に応える(鶴岡市鶴岡地域)鈴木指導員と活動について説明する(飯豊町)田中指導員
 
育てる3 育てる4
(鶴岡市越沢)大滝自治会長と会場からの質問に応える(酒田市日向コミュニティ振興会)小松会長
 
 地域づくりを実践している4名から活動報告をいただき、そのあとに付箋に書かれた会場から質問に応えるかたちで、活動内容の理解を深めました。
 参加者からは、「さまざまな地域の状況を聞くことができてよかった」「どの地域も悩みは同じ。情報交換、交流の場が必要と感じた」などの感想をいただき、発表いただいた4名の方々にとって次の活動の励みになるコメントが多く寄せられました。
 参加者の思いや考えを付箋に書いてもらうことで、より多くの声を集めることができたようです。
 
 地域の声に耳を傾け、県としていかに関わっていけるか。
 農村計画課は、地域を元気にするための活動計画について、地域の皆さんが納得しながら進めていくためのお手伝いをしていきます。
 
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報