ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > ゼロからの挑戦

ゼロからの挑戦

 ~鶴岡市羽黒町 高田庄平さん

 鶴岡市羽黒地域月山ろく畑団地で、アスパラガスと月山高原にんじんに取組んでいる高田庄平さん。
 大学卒業後、都内のIT関連会社に就職しましたが、会社員ではできない時間の使い方、生き方について考えるようになり、2010年に東京からUターンして、農業の道を選びました。
 
 にんじんの栽培を始めたのは2013年から。県内に大規模生産者が少なく、需要が見込めることが理由です。
 栽培のノウハウや情報は、インターネットやYouTubeから学び、東京、青森などの先進地を視察することにより、地域に合う方法をみつけるため、試行錯誤を繰り返してきました。
 
月山高原にんじん2
高田庄平さん
 
月山高原にんじん1
月山高原にんじんを使ったジュース
 
 庄平さんの話を聞いていると、農家の常識、固定観念にとらわれない自由な発想に驚かされます。
 栽培条件として厳しく、遊休地が増えている「月山ろくの畑団地」でにんじん栽培をしている理由は、まとめて借りることができたから。
 ゼロから農業を始めた自分が、「儲かるビジネスモデル」をつくり、若い人たちと一緒に取組んでいけたら。
 庄平さんに刺激を受けて農業を始める若者がでてくる・・・そのような状況まであと少し。
 
 失敗してもあきらめないのは、自分の経営の身の丈を意識した、綿密な計画があるからこそ、と感じました。 
 
 臭みがなく、甘くてまろやかな、味わいの月山高原にんじん。
 ぜひ、お試しください。
 
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報