ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > 渇水から豪雨へ

渇水から豪雨へ

 ~庄内全域で時間雨量20㎜超~

 庄内平野の水田は、いよいよ出穂期に突入。
 これまでの降雨量が少なかったため、恵みの雨を期待していました。
下池0731
水位が3割程まで低下した下池(7月31日現在)
 
 8月5日(日)ふじしま夏祭り。恒例の魚のつかみ取りでは、毎年、内陸からイワナを取り寄せて実施しています。
 今年は、渇水のためダムの水を放流したところ、水が濁りイワナが酸欠状態となって、全滅。多くの人でにぎわう企画は中止となりました。
 企画は中止になっても、水路の清掃だけはみんなでやろう!ということで、因幡堰土地改良区の呼びかけで、JA庄内たがわ、山形県土地改良連合会庄内支所、鶴岡市、県など関係者が清掃作業を行いました。
 
魚つかみ中止1 魚つかみ中止2
    泥をすくい、ブラシで磨く           掃除が終わったせせらぎ水路
 
 きれいになったところで雨が降り出しました。
 恵みの雨、と思ったのもつかの間。なかなか止んでくれません。
 雨は、時折強く、6日の明け方まで降り続けることとなりました。
(参考値)庄内管内の最大雨量と観測地
 ・大平-時間雨量81㎜
 ・上草津-24時間雨量270㎜
 
豪雨0806
  6日朝 藤島川(庄内町瀦)の状況
 
 現在、管内市町、土地改良区では現地調査を実施し、被害状況の把握に努めているところです。
 調査されている皆さん、自身の安全を第一に、作業をお願いします。
 県は、被災の状況を把握し、すみやかな復旧に向けて、管理者、市町、土地改良区と連携して対応していきます。
  
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報