ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > なつかしい味を再現

なつかしい味を再現

 ~加茂地域グランドデザイン検討委員会の取組み~

 1月20日、鶴岡市加茂地域コミュニティセンターにおいて、『なつかしの味の復活!試作会』が行われました。
 加茂地域では、地域の活性化、元気づくりを改めてがんばっていこうと『加茂地域グランドデザイン検討委員会』を設立。地域の課題を4つに分類し、課題解決に向けた取組みを実践する経験を積んで、地域のビジョンを策定する計画です。
 『なつかしの味の復活!試作会』は、地域の産業を振興するために地域に必要なことは何だろう、地域に求められるものは何だろう、という視点で検討ししている「産業チーム」が取り組むことにした企画のひとつ。
 本日は、地域の皆さんがなつかしい味、「うさぎ屋さんのコロッケ」を試作しました。
加茂GDWS産1
   本日の作業と注意点について参加者で確認
 
加茂GDWS産2
実際に使っていた機械で玉ねぎをみじん切りに
 
 当初は、塩分を変えて3種類試作する予定でしたが、店主の渡會さんのアドバイスもあり、油を変えたり、パン粉のつけ方を変えたり、ジャガイモの品種を変えたり、と最後には12種類のコロッケが出来上がりました。
(出来上がり写真は、またの機会。お楽しみに)
 この内容は、荘内日報にも掲載される予定です。
 
 少しずつ、一歩ずつ、地域の方々が自分たちの地域のためにできることを実践していく。
 加茂地域の元気づくりがまた一歩前進しました。
 地域が求める将来の姿に近づくために。
 これからも、県ができることをお手伝いしていきます。
 
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報