ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > めだかの里米給食

めだかの里米給食

 ~地域の方々と「いただきます」~

  NPO法人家根合生態系保全センターの佐藤理事長から、今年の活動に協力いただいたお礼として、庄内町立余目第一小学校に贈呈された、めだかの里米。
 12月11日(火)、余目第一小学校4年生が家根合地域の方々を招待し、給食試食会が行われました。
家根合給食301
佐藤理事長からひと言
 
家根合給食302
今日の献立 女子がお米を炊き、男子が会場準備をしてもてなしてくれました
 
家根合給食303
今年度の活動をパネルを使ってふり返り
 
 子どもたちからは「頑張って田植えをしたので、おいしかった」「田植えがうまくできなかったけど、慣れたらうまくなった。5年生でも学校田で頑張りたい」「(天候が悪く)稲刈りができなかったのが残念だった」「20年間活動が続いていることがすごいと思った」などの感想がありました。
 
 家根合地域の活動は、余目第一小学校とNPO法人家根合生態系保全センターが企画運営しているものです。
 今年も、子どもたちと地域の方々が、関わり合いながら充実した活動ができました。
 
 子どもたちが地域の自然を守りたい、という思いから始まった環境保全活動や農業体験は、余目第一小学校の先生方や地域の方々の理解と協力があって、継続されてきました。
 これからも子供たちの思いを受け止めた活動を続けることができるよう、県ができることをお手伝いしていきます。
                      
                                               
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報