ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > 用水確保の歴史2

用水確保の歴史2

 ~北楯大堰編~

 今から400年前、広大な庄内平野は最上川の水位が低く、作物の育たない原野となっていました。
 慶長6年、最上義光の家臣 北館大学助利長公は、狩川城主として、水利に恵まれず困窮する人々をなんとかしようと、月山を水源とする立谷沢川からの導水を計画。慶長17年3月に着工し、難工事の末、慶長17年7月に延長10㎞を超える北楯大堰が完成しました。
 その後、3年をかけて整備し、総延長は32㎞に及び、狩川から余目、酒田の5,000haあまりの水田を潤し、米どころ庄内平野の基礎となりました。以降、国営事業等により修繕されてきましたが、一部石積み水路の姿を残しています。
 
北楯大堰 北楯頭首工  
    開削から400年 北楯大堰         立谷沢川から取水する北楯頭首工
 
 現地を巡り、その歴史に思いを馳せてみませんか。
   
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報