ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > 狩猟文化を体験しよう

狩猟文化を体験しよう

 ~大鳥でウサギの巻狩り体験~

 1月20日、鶴岡市大鳥自然の家で「第2回山里の狩猟文化体験―大鳥でウサギの巻狩りを体験しよう」が開催されました。地元鶴岡のほか、遠くは東京、仙台、山形から家族連れなど26名が参加し、スタッフを含めると総勢40名あまりになりました。
 巻狩りの概要と注意事項について説明を受けた後、参加者は4班に分かれ、各班のリーダーに従い、かんじきを履いて雪山へ。射手がそれぞれの位置についたことを確認してから、勢子(せこ:参加者が担当)は「ホォー、ホォッ」と大声を上げてウサギを追いましたが、残念ながらウサギは現れず・・・。
大鳥巻狩り1 大鳥巻狩り2
   かんじきを履いて雪山を登る          射手による入念な打合せ
 
大鳥巻狩り3
  大きな声でウサギを追い出す勢子
 
 大鳥巻狩り4 大鳥巻狩り5
    昼食は弁慶飯とウサギ汁             本日のまとめと振り返り
 
 前日に獲ったウサギの肉に野菜と油揚げをいれ、味噌で味付けをしたウサギ汁は、冷えた身体が温まるおいしさでした。
 
 かつては集落をあげて巻狩りをして、一度に10羽以上獲れたこともあったようですが、今はウサギも人間も減ってしまい、10数年前から巻狩りはしていないとのこと。
 今回のイベントには、鶴岡市朝日地域の農村環境保全指導員 田口比呂貴さんもスタッフ兼射手として参加しました。地域文化として若い世代につながっていくといいなぁ・・・。
 大鳥自然の家では、2月3月にも冬を楽しむイベントを計画しているそうなので、機会があればまた参加したいと思います。
 
        
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報