ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > ラムサール登録10周年

ラムサール登録10周年

 ~大山上池・下池~

 鶴岡市大山にある「上池・下池」が、県内唯一のラムサール条約登録湿地になって10周年。それを記念して、11月10日に記念事業が開催されました。
 上池・下池のほとりにある鶴岡市自然学習館「ほとりあ」では、「里山マルシェ」が開催され、さまざまな体験や遊びコーナーに、たくさんの親子連れが訪れ大盛況でした。
ラムサール1
 
 出羽庄内国際村で開催された「記念式典・シンポジウム」は、地元の大山小学校4年生による活動発表「ふるさと大山の自然と命をみつめよう」で始まりました。
 市内の子どもたちによる「こどもラムサールワークショップ」の活動発表「上池・下池とわたしたち」では、『この池を未来に残したい』と力強く宣言し、参加者に大きな感動を与えてくれました。
ラムサール2
 
 シンポジウムでは、大阪府山田池公園の「池の水ぜんぶ抜く」の取組事例や、上池・下池と人々のかかわりなどが発表されました。
 続くパネルディスカッションでは、発表者に加え、下池を管理する土地改良区の理事長と池を利用する浮草組合の組合長も参加し、今後の池の利用について前向きな議論が行われました。
 
 今回のテーマは、「上池・下池とわたしたち~現在・過去・未来~」。
 未来に向けて、新たな一歩を踏み出したと感じたシンポジウムでした。
ラムサール3
              ほとりあ周辺
 
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報