ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > 地域農業の現状把握

地域農業の現状把握

 ~笹川左岸上流・中川代地区~

 県内各地で、ほ場整備の要望が高まっています。
 笹川土地改良区管内でも上流部にあたる「笹川左岸上流」「中川代」地区。
 将来、この地域で農業を続けていくために、地域みんなの考えを確かめ合い、営農計画をつくろうと話合いを始めました。
 
 本日は、その1回目。
 熟練の技世代、バリバリ現役世代、地域を担う若手世代に分かれ、世代ごとに考えを整理しました。
 
笹左上W07111 笹左上W07112
    地域の現状は?いいところ、ダメなところはなんだろう わきあいあいと
 
笹左上W07113 笹左上W07114
     班ごとに話した内容を発表して、それぞれの世代の考えを共有
 
 世代を問わず、皆さん仲良く、それぞれを尊重し合う方々だと感じました。
 いつも顔を合わせる仲間でも、地域の農業について考える、議論する機会は、なかなかありません。
 皆さんが、納得しながら計画づくりを進めていくために。
 農村計画課は、お手伝いしていきます。
 
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報