ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > 飛島ボランティア(6回目)

飛島ボランティア(6回目)

 ~飛島農道側溝泥上げ・路面掃き作業~

 6月22日、農村計画課・農村整備課等職員有志による、恒例の飛島地区の農道側溝の泥上げ、路面掃きのボランティア活動を行いました。
 飛島を縦貫する農道は、農業農村整備事業(農林漁業用揮発油税財源身替農道整備事業)で造られたもので、完了から20年余りが経過。施設の老朽化に伴い、より一層の適時的確な維持管理が必要とされているところです。
 平成24年度から始めたボランティア活動は、今回で6回目。これまで延べ100名ほどの職員が参加してきました。
飛島ボ06221 飛島ボ06222
 
飛島ボ06223
   今回は13名が作業に参加
 
 飛島には、多くのボランティア団体が訪れています。海外からの観光客も増えてきたそうです。
 地域を元気にするために、庄内地域に住む私たちが、地域の魅力を知り、広く伝えていくこともひとつの方法。
 私たちができることは何か、農業農村整備でバックアップできることはないか、これからも考えていきます。
 
 飛島農免農道については、やまがたの農山漁村づくり情報マガジン『農楽里(norari)』にも掲載しています。(PDF1.1MB)
        
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報