ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内農村計画課 > 八久和ダムの役割

八久和ダムの役割

 ~水力発電で地域に貢献 東北電力~

 10月15日(月)、職員研修として『赤川水系八久和ダム見学会』を実施し、現地において、東北電力株式会社酒田技術センター赤川ダム管理所の鈴木所長から説明いただきました。
 八久和ダムの最大の目的は、水力発電による電気の安定供給ですが、庄内平野へのかんがい用水供給、通年放流による河川環境維持、河川増水時の下流域への増加量抑制の役割も担っています。
 
八久和D1 八久和D2
          取水塔の概要            ゲート操作と管理について
 
八久和D3
 
 鶴岡市上田沢の先から林道を車で1時間ほど走り、ようやく堤体に到着。
 管理、点検に労力と費用を要する施設であることを実感しました。
 
 今年7月の渇水の際は、農業用水確保のため、東北電力をはじめ関係団体が八久和ダムの放流について、検討を行いました。
 放流決定の直後に雨が降ったため、放流はしませんでしたが、これからも、関係者が情報を共有し、協力できる関係を続けていきたいものです。
  
 
                   「 頑張ろう東北!がんばろう山形県!」
    
 
                                          戻るのボタン1

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報