ホーム > ピックアップやまがた > 県へのご意見 > 県民の生の声コーナー > 2009年 > 1月 > 選挙カー乗車の際のシートベルト着用について

選挙カー乗車の際のシートベルト着用について

ご意見


選挙活動中に、助手席の候補者がシートベルトも付けずに車の窓から身を乗り出している光景を見かけます。道路交通法上、問題はないのですか。(2009.1.15)




県の取組状況


選挙運動用自動車に乗車する候補者及び選挙運動に従事する者については、道路交通法施行令第26条の3の2によって座席ベルトの装着が免除されております。ただし、自動車の窓枠等乗車設備以外の場所に乗車したり、道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく交通の妨害となるおそれがある方法で進行中の自動車から身体を出す行為については、道路交通法で禁止されておりますので、これらの行為が認められた場合は、適正な指導取締りを実施いたします。(2009.1.23 その他 )

警察本部 交通指導課
受付日:2009年1月15日(木) 掲載日:2009年5月15日(金) ジャンル: 安心・安全
ナビゲーション