[TOP] 労働相談Q&A TOP>>パートタイム労働者等
労働相談Q&A
5.パートタイム労働者の就業規則は必ず必要か
Q
   従業員50人程度の工場で、パートタイム労働者として3年程働いています。パートタイム労働者は全部で20人ほどいますが、パートタイム労働者用の就業規則がないため、時間外労働とか有給休暇などはいつも曖昧になっています。会社に聞くと、正社員の就業規則があるので特にパートタイム労働者の就業規則は作らなくてもよいことになっている、とのことです。でも、就業規則が私たちにどのように適用されているのかは明確でありません。これでも法律上はクリアしているのでしょうか。  
A
   パートタイム労働は、元々家庭の主婦等が家計の一助にと始めたものであり、そのため会社への忠誠心も薄く、また仕事に対する熱意も劣るとみられ、正社員と比べて労働条件が低くても当たり前という考え方が一般的でした。企業の側からしても人件費コストを下げるために採用しているわけですから、その労働条件の改善には消極的であり、質問にあるような企業が大部分を占めていました。しかし、近年労働形態の多様化、産業構造の変化等に伴いパートタイム労働者が年々増加するなか、パートタイム労働者の雇用管理の改善が叫ばれるようになり、これを受けパートタイム労働法が作られました。さらにこの法律を受け、パートタイム労働者に対し「事業主が講ずべき措置に関する指針」 が出され、その中では「パートタイム労働者に適用される就業規則を作成するものとする」と明示されています。
 本件質問に対する回答となりますが、「事業主が講ずべき措置に関する指針」の中で、パートタイム労働者の就業規則の作成を事業主に求めていますが、厳密に言えば、それは事業主の努力目標であり、必ず作成しなければならないというものではありません。ただし、パートタイム労働者にこの正社員用の就業規則が全く適用されないような場合には労働基準法に違反していると思われますので、もう一度会社側に就業規則の作成を求めてみてはどうでしょうか。
 
ポイント
1. パートタイム労働法とは、正確には「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」 と言われ、平成5年12月より施行されているものです。その後幾度か改正が行われています。
2. パートタイム労働者とは、法律の中では「短時間労働者」 と言われ、1週間の所定労働時間が、同一の事業所に雇用される通常の労働者の一週間の所定労働時間に比べ、短い労働者をいいます。


[TOP] 労働相談Q&A TOP>>パートタイム労働者等