[TOP] 労働相談Q&A TOP>>パートタイム労働者等
労働相談Q&A
6.パートタイム労働者の雇用保険について
Q
   私の会社では、今回、主婦を対象とするパートタイム労働者を雇用することにしました。これらの従業員にも、一般社員と同様に雇用保険に加入させるべきでしょうか?  
A
   パートタイム労働者等の短時間労働者であっても、次の2つの要件を満たせば雇用保険に加入させなければなりません。
  イ)週所定労働時間が20時間以上であること
  ロ)31日以上引き続き雇用されることが見込まれること
 したがって、どのような労働条件で勤務させるかによって、加入の要否を判断しなければなりません。 
 
ポイント
65歳未満 一般被保険者
65歳以上(注): 高年齢雇用継続被保険者
支給要件 離職前2年間に賃金支払基礎日数11日以上の月が12ヶ月以上
(注) : 65歳前から引き続き同一の事業主に雇用されている者に限定されます。
(65歳以後に新たに雇用された者は、被保険者になりません。)

2. パートタイム労働者で、31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者とは、次のいずれかに該当する者をいいます。
  イ) 期間の定めなく、雇用される者
ロ) 雇用期間が31日である場合

参考
雇用保険の適用が除外されている者については、「X 雇用保険・社会保険」の「(1)雇用保険(失業保険)」の「3.事業主が雇用保険加入手続きを行わない場合の取り扱いについて」の項を参照してください。



[TOP] 労働相談Q&A TOP>>パートタイム労働者等
 

1.年齢による被保険者区分と支給要件