1. サーチトップ
  2. 住宅支援情報

国の住宅支援策

印刷

補助金 長期優良住宅化リフォーム推進事業

支援内容
既存住宅の長寿命化や省エネ化、三世代同居など、登録された事業者が行うリフォームに対し補助する。
対象要件
既存の戸建て住宅、共同住宅の劣化対策や耐震性、省エネ対策など特定の性能項目を一定の基準まで向上させる工事
※令和4年度については未定
支援額等
補助率:1/3
限度額:100万円/戸
(認定長期優良住宅型:200万円/戸、高度省エネ型:250万円/戸)
※三世代同居対応改修工事及び若者・子育て世帯又は既存住宅の購入者が実施する改修工事については50万円/戸を上限に加算
※令和4年度については未定
募集期間
※令和4年度については未定
問合せ先
長期優良住宅化リフォーム推進事業評価室事務局
03-5805-0522(平日10:00~12:00、13:00~16:00)

関連するページ

併用可能な主な支援策(県)

※ 併用には条件がある場合がありますので、事業主体にお問い合わせください。

  • 支援内容 県では、家庭や事業所における再生可能エネルギー等設備の導入を促進し、温室効果ガス排出量の削減を図るため、再生可能エネルギー等設備を設置する個人や事業者に助成を行います。
    対象要件 ○蓄電池設備
    太陽光発電設備が同時導入又は既設であること
    ○木質バイオマス燃焼機器
    補助対象経費が20万円を超えること 等
    支援額等 ○蓄電池設備
    ・太陽光発電設備が同時導入の場合 最大25万円
    太陽光発電設備が既設の場合 最大10万円
    〇木質バイオマス燃焼機器
    ・ストーブ 最大20万円
    ・ボイラー 最大50万円 等

併用可能な主な支援策(国)

※ 併用には条件がある場合がありますので、事業主体にお問い合わせください。

  • 支援内容 子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得(注文住宅の新築・新築分譲住宅の購入)、世帯を問わず住宅のリフォーム工事(省エネ改修等)に対して補助する。
    ※注文住宅の新築、リフォームの場合、登録された業者による工事が対象です。
    対象要件 一定の期間内に契約、着工、完成等する、高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や一定のリフォーム工事
    ※他にも要件がございます。詳しくは関連するページをご覧ください。
    支援額等 新築:最大100万円/戸
    (省エネ性能によって補助金額が異なります。)
    リフォーム:上限30万円/戸
    (世帯要件満たす、住宅の購入を伴う場合は上限に加算があります。)

※募集期間中でも予定数(金額)に達した場合、募集が終了していることがあります。

ページトップへ