1. サーチトップ
  2. 鶴岡市の支援策
  3. 住宅支援情報

鶴岡市の住宅支援策

印刷

補助金 鶴岡市危険ブロック塀等除却促進事業

支援内容
除却費用の補助
対象要件
小中学校から500m以内の道路又は津波避難路に面する危険ブロック塀の除去

※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
支援額等
除去費用の2/3か面積×4千円のどちらか低い額(8万円限度)
募集期間
2022年5月(予定)~2022年12月28日
問合せ先
建築課
0235-35-1432 (直通)

併用可能な主な支援策(市町村)

※ 併用には条件がある場合がありますので、事業主体にお問い合わせください。

  • 支援内容 一定の要件を満たした住宅リフォ-ム工事に対する補助/
    耐震診断により構造評点が低い住宅を一定の評点まで上げる耐震改修に対する補助
    対象要件 市内に自己が所有し、かつ居住する住宅を市内業者(市内に住所を有する個人事業者または本店を有する法人事業者)に工事を発注すること


    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 ・工事費の10%かつ上限20万円(鶴岡産木材を一定量使用した場合、空き家を活用してリフォ-ムした場合、新型コロナ対策工事を行う場合、申込者または同居家族が移住、新婚、子育て世帯の場合に関してはそれぞれ補助率及び上限額が優遇されます。
    ・耐震改修の場合:耐震改修に要する費用の3分の1かつ上限60万円(リフォーム支援と併用可)
  • 支援内容 克雪型住宅の新築、増改築工事に対する補助(リフォーム補助との併用不可)
    対象要件 旧朝日村区域内市民税等完納者
    耐雪式・融雪式
    高床式・落雪式

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 工事費の1/3以内かつ50万円以内
  • 支援内容 災害危険区域等の区域内にある既存不適格住宅等から安全な場所へ移転を行なう者に対する補助
    対象要件 災害危険区域等(災害危険区域、がけ地区域、土砂災害特別警戒区域内)に存する既存不適格住宅から安全な場所へ移転すること

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 除却費1戸あたり97万5千円以内危険住宅に代わる住宅の建設又は購入(土地の取得を含む)に要する資金を金融機関から借り入れた場合において当該借入金利子1戸あたり421万円(建物325万円、土地96万円)
  • 支援内容 昭和56年5月以前に建てられた木造住宅耐震診断に対する助成
    対象要件 鶴岡市市内に存する木造住宅の所有者

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 13万円助成(本人負担1万3千円)
  • 支援内容 在宅の要介護者・要支援者の対象となる工事費用の補助
    対象要件 在宅の要介護者・要支援者

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 住宅工事費用20万円まで対象(負担割合に応じて、最高支給額18万円,16万円又は14万円)
  • 支援内容 高齢者、障害者の専用居室等の増改築資金を金融機関に借入した際の利子補給
    高齢者:60歳以上の方
    障害者:身体障害者手帳1~4級を所持している方または療育手帳の総合判定Aに該当している方
    対象要件 下記要件に該当する方で着工前に市の事前審査に合格すること
    ・申請者本人が所有し、かつ、居住する住宅の専用居室等を増築または修繕などする方(親族が所有し、対象者が居住する住宅を含む)
    ・市民税等を滞納していない方
    ・市内に居住する申請者とは別世帯の市民税等を滞納していない連帯保証人を1名たてられる方
    ・市内指定の金融機関からの融資を受けられる方
    支援額等 高齢者、障害者の専用居室等の増改築に係る借入金の利子
    対象額:300万円以内
    償還方法:元利均等または元金均等による月賦償還
    貸付期間:10年以内(120箇月以内)
  • 支援内容 下水道接続工事に伴う資金融資あっせん及び利子補給金
    対象要件 供用開始の日以降、既設の便槽又は浄化槽を廃止し下水道へ接続する方(利子補給については供用開始の日から3年以内に接続する方)
    ※市民税完納等
    ※補助金と融資あっせんは併用できません。

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 工事費(上限120万円)に係る利子
    指定金利(基準日の長期プライムレート+0.2%)での融資あっせん
    利子の全額補給(1年以内)
    利子の半額補給(2~3年以内)
  • 支援内容 下水道接続工事に伴う補助
    対象要件 供用開始の日から3年以内に既設の便槽又は浄化槽を廃止し下水道へ接続する方
    市民税完納等
    ※補助金と融資あっせんは併用できません。

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 3万円(1年以内)
    15千円(2~3年以内)
  • 支援内容 浄化槽排水設備の設置工事に伴う資金融資あっせん及び利子補給金
    対象要件 市設置型浄化槽設置に伴う排水設備工事を行う方
    ※既設の汲取り便所の改造又は既設の単独浄化槽の廃止を伴うものに限る。
    ※市税完納等

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 排水設備工事費(上限120万円)に係る利子
    指定金利(基準日の長期プライムレート+0.2%)での融資あっせん
    利子の全額補給
  • 支援内容 浄化槽排水設備の設置工事に伴う補助
    対象要件 市設置型浄化槽設置に伴う排水設備工事を行う方
    ※市民税完納等
    ※補助金と融資あっせんは併用できません。

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 3万円
  • 支援内容 鶴岡地区、羽黒地区の補助対象区域(公共下水道・農業集落排水・漁業集落排水処理計画区域を除く区域)における浄化槽設置に対する補助。
    対象要件 補助対象者は、対象区域内で住宅等に10人槽以下の浄化槽を設置する方で、市税を滞納していないこと。補助申請は工事着工前に行うこと。

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 人槽区分ごとに、5人槽:35万2千円、6~7人槽:44万1千円、8~10人槽:58万8千円を限度額とする。
  • 支援内容 浄化槽設置区域のうち、個人設置区域における転換事業に対する補助。
    対象要件 次の全ての要件を満たす者
    ①改築で、既存単独浄化槽又は汲み取り便槽を廃止し、合併浄化槽を設置する事業を行った者
    ②市税に滞納がない者


    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 人槽、浄化槽工事費により補助金額が変わります。
    5人槽 上限16万円
    6人槽以上 上限20万円
  • 支援内容 浄化槽設置区域のうち市設置区域における転換事業に対する補助
    対象要件 次の全ての要件を満たす者
    ①改築で、既存単独処理浄化槽又は汲み取り便槽を廃止し、合併処理浄化槽を設置した者
    ②分担金の納付義務者
    ③分担金の納付を完了した者
    ④市税に滞納がない者


    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 次のうちいずれか低い額
    (1)8万円
    (2)分担金額
  • 支援内容 家庭や市内に本店を置く法人又は町内会等に対して、再生可能エネルギ-設備の設置費用の一部を補助
    対象要件 以下の再生可能エネルギー設備の設置に係る工事を市内業者に請け負わせ、又は市内に事業所を有する業者から購入した再生可能エネルギー設備を自ら設置する方を対象(全量売電や既設設備の更新は対象外)。
    ①太陽光発電設備
    ②木質バイオマス燃焼機器(薪、ペレットストーブ)
    ③木質バイオマス燃焼機器(薪、ペレットボイラ)
    ④太陽熱利用装置
    ⑤地中熱利用装置
    支援額等 ①太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値×15,000円/kW(上限120,000円)
    ②設置工事費×1/3(上限50,000円)
    ③設置工事費×1/10(上限150,000円)
    ④設置工事費×1/10(上限25,000円)
    ⑤設置工事費×1/10(上限100,000円)
  • 支援内容 若者世帯の新築住宅の施主に補助(予定)
    ※「若者世帯」:申請時点で世帯主またはその配偶者のいずれかが45歳未満である世帯
    ※「移住世帯」:H29.4.1以降に市外から市内に住所変更する世帯
    ※「婚姻・出産世帯」:H29.4.1以降に婚姻または実績報告書提出まで婚姻する世帯
    ※「子育て世帯」:小学校卒業前の子を含む世帯
    対象要件 ・対象者は下記のすべてに該当すること(予定)
    ①市内に居宅を新築する若者世帯
    ②「移住世帯」「婚姻・出産世帯」「子育て世帯」のいずれかであること
    ③構造材の材積比で80%以上の鶴岡産木材を使用すること
    ④つる家ネットの会員が設計及び施工を行うこと
    ⑤協力条件等(つる家ネットのイベント等に協力、HPやカタログに完成写真を使用等)

    ※他の支援策との併用については、お問い合わせください。
    支援額等 婚姻・出産、子育て世帯の場合は25万円、ただし、移住世帯は15万円、職人技能加算に該当する場合は5万円を加算

併用可能な主な支援策(県)

※ 併用には条件がある場合がありますので、事業主体にお問い合わせください。

  • 支援内容 一定の耐久性及び省エネ基準を満たし、一定量以上の県産木材を使用し、かつ県内に所在地を有する個人事業者又は県内に本店を有する法人事業者が施工した住宅の建設資金(ローン)に対する利子補給
    対象要件 ①県産木材多用型
    ②やまがた健康住宅型
    の2タイプが対象住宅となります。
    それぞれに適用条件がありますので、詳しくは関連するページをご覧ください。
    支援額等 利子補給率
    0.5%
    最大約70万円、230戸
    期間10年
  • 支援内容 要件を満たす中古住宅の購入資金(ローン)に対する利子補給
    対象要件 次の要件すべてに該当する住宅
    ①移住・新婚・子育て世帯であること
    ②令和4年4月1日以降に購入する住宅
    ③竣工後2年超の住宅又は居住実績がある住宅
    ④既存住宅売買瑕疵保険に加入する住宅
    詳しくは関連するページをご覧ください。
    支援額等 利子補給額
    0.4%
    最大約50万円、20戸
    期間10年
  • 支援内容 県では、家庭や事業所における再生可能エネルギー等設備の導入を促進し、温室効果ガス排出量の削減を図るため、再生可能エネルギー等設備を設置する個人や事業者に助成を行います。
    対象要件 ○蓄電池設備
    太陽光発電設備が同時導入又は既設であること
    ○木質バイオマス燃焼機器
    補助対象経費が20万円を超えること 等
    支援額等 ○蓄電池設備
    ・太陽光発電設備が同時導入の場合 最大25万円
    太陽光発電設備が既設の場合 最大10万円
    〇木質バイオマス燃焼機器
    ・ストーブ 最大20万円
    ・ボイラー 最大50万円 等
  • 支援内容 県産木材を使用して住宅や民間施設(店舗・事務所等)を新築する方に対して、補助金を交付します。
    対象要件 1.県産木材を一定数量以上使用した新築の住宅や民間施設(店舗・事務所等)
    2.その他、交付要綱に定める要件
    ※住宅はやまがたの家需要創出事業との併用不可
    支援額等 住宅 30万円
    民間施設(店舗・事務所等) 県産木材の使用量に応じて最大60万円

併用可能な主な支援策(国)

※ 併用には条件がある場合がありますので、事業主体にお問い合わせください。

  • 支援内容 子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得(注文住宅の新築・新築分譲住宅の購入)、世帯を問わず住宅のリフォーム工事(省エネ改修等)に対して補助する。
    ※注文住宅の新築、リフォームの場合、登録された業者による工事が対象です。
    対象要件 一定の期間内に契約、着工、完成等する、高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や一定のリフォーム工事
    ※他にも要件がございます。詳しくは関連するページをご覧ください。
    支援額等 新築:最大100万円/戸
    (省エネ性能によって補助金額が異なります。)
    リフォーム:上限30万円/戸
    (世帯要件満たす、住宅の購入を伴う場合は上限に加算があります。)

鶴岡市の一覧に戻る

※募集期間中でも予定数(金額)に達した場合、募集が終了していることがあります。

ページトップへ