検索結果

旧有路家住宅 (きゅうありじけじゅうたく)


名称(事業名) 旧有路家住宅
ふりがな きゅうありじけじゅうたく
指定区分 国指定文化財 建造物
指定年月日 昭和44(1969)年 12月 18日
所在地(市町村) 最上町大字堺田59-3
所有者(実施団体名) 最上町
概要
(活動状況等)
 桁行24.755m、梁間9.999m、寄棟造、茅葺である。
 有路家は代々この村の庄屋で、芭蕉が訪れた封人(ほうじん)の家といわれている。現在の住宅の建築年代は、元禄までさかのぼるか疑わしいが、18世紀前半をくだらないと推定される。
 平面は復元すると、居間が梁行全幅を占める広間型民家の代表的なもので、居間の上手は3室の鍵座敷と寝室、下手は土間と馬屋になっている。
 旧有路家住宅は、広間型民家の代表的なもので、本県北東部の民家としては、保存もよく貴重である。
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:旧有路家住宅