検索結果

庄内松山城大手門 (しょうないまつやまじょうおおてもん)


名称(事業名) 庄内松山城大手門
ふりがな しょうないまつやまじょうおおてもん
指定区分 県指定文化財 建造物
指定年月日 昭和45(1970)年 2月 4日
所在地(市町村) 酒田市字新屋敷36-2
所有者(実施団体名) 酒田市
概要
(活動状況等)
櫓門、桁行正面5間、背面3間、梁間3間、入母屋造、総欅白壁造、桟瓦葺で、高さは12.75㍍である。
この城門は、松山藩主酒井氏(2万石)が居城した松山城の大手門である。名称は「多聞楼」である。
天明7年(1787年)に竣工した松山城時代の大手門は、寛政2年(1790年)10月、落雷のため焼失し、現存する城門は、寛政4年(1792年)7月に竣工している。
藩政時代の城門としては、県下唯一の貴重な文化財である。
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:庄内松山城大手門