検索結果

紙本淡彩鼬図 伝円山応挙筆 (しほんたんさいいたちず でんまるやまおうきょひつ)


名称(事業名) 紙本淡彩鼬図 伝円山応挙筆
ふりがな しほんたんさいいたちず でんまるやまおうきょひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和28(1953)年 8月 31日
所在地(市町村) 酒田市御成町7-7
所有者(実施団体名) (公財)本間美術館
概要
(活動状況等)
 絵は画面いっぱいに、等身よりやや大きく鼬の全身側面画と、その下の余白に頭部を正面・側面・下方など、さまざまな角度から写した五図が描かれている。
 輪郭線を用いず、細かい筆で、秀逸な毛描のみによって表現した鼬の全身は、鼬の体毛の柔らかさ、体のしなやかさを捉え、さらに表情の違いの描きわけもみごとで、応挙の卓越した描写力を伝えてくれる。
 ただし、無駄のない完成画としての仕上がりを示す本図は、実際の観察と写生をもとに清書した作品と考えられる。明和末から安永元年(1772年)の筆になる。
 無落款ではあるが、画中の「鼬」の墨書が、応挙の自筆と認められている。
縦21.8㎝、横59.1㎝
問い合わせ先 期間限定での公開

公開の有無:有
ホームページ:紙本淡彩鼬図 伝円山応挙筆
Tel:0234-24-4311