検索結果

紙本著色瀟湘八景画巻 郷目貞繁筆 (しほんちゃくしょくしょうしょうはっけいがかん ごうのめさだしげひつ)


名称(事業名) 紙本著色瀟湘八景画巻 郷目貞繁筆
ふりがな しほんちゃくしょくしょうしょうはっけいがかん ごうのめさだしげひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和34(1959)年 6月 26日
所在地(市町村) 河北町谷地甲17
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
湖南省の洞庭湖に、瀟水と湘水が合流するあたりは、瀟湘と呼ばれる景勝の地である。四季や時間を特定した山水画の画題として、瀟湘八景が成立したのは、北宋末か南宋初めであるという。室町時代には、我国でもよく画題にされた。
この巻物は、八景を1巻にまとめてあり、7枚の紙を張り継ぎしている。巻末には「享
禄二年(1529年)八月廿日、郷目右京貞繁(花押)」とあり、その右側に、朱文の壷形印が押されている。
縦25.7㎝、横264.0㎝
問い合わせ先 公開の有無:有