検索結果

紙本著色扇面画貼込冊子 中村芳中筆 (しほんちゃくしょくせんめんがはりこみさっし なかむらほうちゅうひつ)


名称(事業名) 紙本著色扇面画貼込冊子 中村芳中筆
ふりがな しほんちゃくしょくせんめんがはりこみさっし なかむらほうちゅうひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和35(1960)年 6月 28日
所在地(市町村) 酒田市若竹町
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
白梅図・立葵図・流れ卯の花垣図・楓図・布袋図・万年青図・山吹図・垣に菊図・楓鹿
図・水葵図の10枚の扇面画が、貼り込まれたこの冊子(画帖)は、中村芳中独得のたらし込み
を多用した描法に巧みな構画、それに金泥を交えた温かい彩色によって描かれている。
画風や芳中の「中」が大きく書かれる落款の書体から、本作は、扇面画の製作が多くな
る晩年作と考えられる。
同時代の江戸琳派を築いた酒井抱一の画風と比較すると、芳中は粘りのある筆致がうかがわれる、やや泥臭く瓢逸な画風である。上方人らしい独自の世界を築いたといえる。
冊子(帖)寸法縦40.7cm、横66.4㎝(扇面画の寸法は、それぞれ異なる。)
問い合わせ先 公開の有無:無