検索結果

木造聖徳太子立像 附 像内納入品 (もくぞうしょうとくたいしりゅうぞう つけたり ぞうないのうにゅうひん)


名称(事業名) 木造聖徳太子立像 附 像内納入品
ふりがな もくぞうしょうとくたいしりゅうぞう つけたり ぞうないのうにゅうひん
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和55(1980)年 5月 12日
所在地(市町村) 寒河江市大字慈恩寺31
所有者(実施団体名) 本山慈恩寺
概要
(活動状況等)
頭髪をみずらに結び、袍の上に袈裟をつけ、両手は胸前で柄香炉をもち、沓をはいて立っている。頭部と体幹部は、それぞれ前後別材はぎで、頭部は首?(ほぞ)で体部に接合される。布貼り下地の上に、頭髪は墨、袍や袈裟は朱・緑青・群青で塗り、泥で渦巻文や蓮華唐草・截金で輪宝をあらわし、裳裾は宝相華を盛上げ彩色で描いている。
昭和56年(1981年)、像内から妙法蓮華経8巻(血書経)、妙法蓮華経序品1巻(木版)、月山堂宝印1枚、浄土説相図1枚(木版)、灯心1束が発見された。
面貌に厳しい迫力があり、体?にも厚みがあって、14世紀初期の作品としては、傑出した出来栄えである。
鎌倉末期(正和3年(1314年)頃)
(像高95.0㎝)
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:木造聖徳太子立像 附 像内納入品