検索結果

弥勒菩薩坐像 (みろくぼさつざぞう)


名称(事業名) 弥勒菩薩坐像
ふりがな みろくぼさつざぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和57(1982)年 10月 29日
所在地(市町村) 寒河江市大字慈恩寺31
所有者(実施団体名) 本山慈恩寺
概要
(活動状況等)
時代は鎌倉中期。髻(もとどり)を高く結び、頭髪は毛筋彫で天冠台を戴く。白毫は水晶で玉眼を嵌入している。左手は屈臂(くっぴ)して未開敷蓮華(みかいふれんげ)を執り、右手は膝上に置いて、掌を上にして5指をのばしている。左肩より右脇腹に条帛をかけ、天衣で両肩をおおい、下半身に裳を着し、右足を外にして結跏趺坐(けっかふざ)している。
宝冠は金銅製で、宝相華唐草の透し彫りが施された八面冠であるが、後世のものと考えられる。本像は本堂宮殿前に、前仏として安置されてきたものである。
(像高44.1㎝)
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:弥勒菩薩坐像