検索結果

村上屋の念珠のマツ (むらかみやのねんじゅのまつ)


名称(事業名) 村上屋の念珠のマツ
ふりがな むらかみやのねんじゅのまつ
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 昭和28(1953)年 2月 20日
所在地(市町村) 鶴岡市鼠ヶ関字興屋87の内ほか
所有者(実施団体名) 鶴岡市ほか
概要
(活動状況等)
 JR羽越本線鼠ヶ関駅近くの村上屋旅館の庭園にあるクロマツの名木。典型的な臥竜松の一型で、主幹の高さ4.2m、幹囲1.2m、幹の長さ20m、推定樹齢は400年。樹幹は支柱で支えられ、匍匐幹が屈曲しないで直線状に斜上している。
平成6年(1994年)3月、鶴岡市(旧温海町)では、「念珠の松」庭園として整備、純和風庭園の趣が深く、観光の名所となっている。
 家に囲まれながら、今なお樹勢旺盛な姿は、訪ねた人々に深い感銘を与え、心を和ませてくれる。
問い合わせ先 公開の有無:有