ホーム > 知事室 > 知事と若者の地域創生ミーティング > 平成30年度 > 平成30年度「知事と若者の地域創生ミーティング」

平成30年度「知事と若者の地域創生ミーティング」

知事室タイトル

知事と若者の地域創生ミーティング

 知事写真ver4
 
  「知事と若者の地域創生ミーティング」は、人口減少が進行し、地域で暮らす若者も減少している中、若者の豊かな発想や行動力を地域づくりに活かしていくため、知事が市町村に赴き、市町村単位で、若者が力を発揮できる環境づくりや地域課題、定住促進、地域の元気創出策などについて、若者と車座になって対話を行い、明日の地域創生を考えることを目的に実施します。
 
 
 

第1回開催 知事と若者の地域創生ミーティングin真室川町 

    
 真室川①真室川②
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第1回のミーティングを、真室川町で開催しました。吉村知事と新田町長が8名の若者と意見交換を行いました。
【とき】平成30年5月16日(水)午後4時00分~午後6時00分
【ところ】真室川町中央公民館研修室
 
【主な意見等】
1 図書館は、お年寄りも子どもも集まる、ふれあいの場のような、コミュニテイスペースになりうると思う。居心地よく、いつでも誰かに会える場所としての機能を備えた図書館にしてはどうか。
2 黒毛和牛の、繁殖から肥育まで一貫して経営するのは難しい。いずれは、真室川出身の牛でさらに真室川の飼料を食べて育った牛でブランド化したい。
3 青年林業士として活動する中で、林業は工夫すればいろいろな分野に広がることがわかった。また平枝番楽保存会に参加している。林業も伝統芸能も、継承しながら真室川町が発展していけたらいい。
4 JA合併のメリットをいかして、町の農産物の販売力向上に努めていきたい。
5 町が活性化していけばと思い、真室川踊りパレードへの参加や清掃などのボランテイア活動をしている。地域文化、行事の伝承に若い人が入りやすくなればもっと地域の活性化につながるのではないか。
6 子どもを産み育てるのは大変な労力であり、虐待につながる危険性も秘めている。「子ども預かりチケット」「家事代行チケット」などや、町外に行かなくても子どもが遊べる施設があればよい。
7 不妊治療は、精神的にも金銭的にもダメージを受ける。将来的には誰でも受けられる治療になるとよい。まずは自分ができることから行動しようと思いサポートし合えるコミュニテイづくりのため、お茶会を開くことにした。
 
 

第2回開催 知事と若者の地域創生ミーティングin飯豊町 

 
飯豊町①飯豊町②
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2回のミーティングを、飯豊町で開催しました。吉村知事と後藤町長が10名の若者と意見交換を行いました。
【とき】平成30年6月1日(金)午後4時00分~午後6時00分
【ところ】飯豊町 HOTEL SLOW VILLAGE コワーキングスペース
 
【主な意見等】
1 読書は、学力向上や心の成長に有効である。学校司書がさまざまな取組みを行うことで、子どもたちの読書への関心が高まっている。飯豊町の子ども、山形の子どものために学校司書の立場から支援していきたい。
2 山形県は、山の資源と森の資源が豊かである。地元の子どもたちが、身近にある自然に目を向けて、体験してほしい。子どもの時に自然体験をしていれば、ふるさとの自然を思い出し、地元へ帰ってくるのではないか。そのきっかけ作りのお手伝いをしたい。
3 地元を離れ関東などで暮らしたことにより、外から客観的に見ることができ、改めて地域の良さを感じるようになった。その地域の魅力を地元の人にはもちろん、日本中、世界中に発信していきたい。
4 雪は利用の仕方で資源になるものである。雪は邪魔なものと思わずうまく活用していきたい。自分の職業としては、雪囲いの必要のない庭、緑を住宅や施設に増やしていきたい。
5 子どもたちが、自分の町や県の魅力を知って、出身地を誇りに思える人になってほしい。
6 JA青年部活動で食育活動の一環として、東京に出向いて「稲作体験出前授業」を行っている。また、飯豊町のアンテナショップを高円寺に開店し、直接消費者の声を聞きながら販売している。
7 冬は牛肉の価格の下落があるため「いいで黒べこ冬の陣」を立ち上げた。飯豊町に限らず、山形県は畜産県なので牛を活用し集客につなげたい。それにより牛肉の価格が安定すれば、さらに雇用が生まれてくるのではないか。米沢牛を世界中に広めていきたい。
8 アクセサリー作家としてブランドを立ち上げ、インターネットで販売している。飯豊町にいても、やりたいことはできる、場所は関係ないということを子どもたちに伝えたい。
9 産業種別を問わず総合産業である「観光」を利用し、飯豊町に雇用を創出したい。「観光」を媒体として地元にいながらある程度の経済的余裕が生まれるような、農業を中心とした全産業型で仕事を増やしていきたい。
10 「地域の牧場」を目指し、地域交流が生まれる場所をつくっていきたい。飯豊町の財産である豊かな自然をいかして、誰もがゆったり自分らしく生きられる、安心して子育てができる町になってほしい。
 
 

第3回開催 知事と若者の地域創生ミーティングin山辺町 

  
 山辺町①山辺町③
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3回のミーティングを、山辺町で開催しました。吉村知事と遠藤町長が9名の若者と意見交換を行いました。
【とき】平成30年6月14日(木)午後4時00分~午後6時00分
【ところ】山辺町 中央公民館第1研修室
 
【主な意見等】
1 高齢者や障がい者、子どもたち、みんなが一緒になって楽しめる、スポーツが盛んな町づくりを、町のスポーツ推進員として進めていきたい。
2 自営業のため、商工会や青年会議所、消防団と日々忙しく過ごしている。人口減少のため町内会のイベントなどの人手が足りない。子どもと一緒に過ごす時間が欲しい。
3 作谷沢小中学校は、統廃合の話も出るが、地域に根ざしたもっと地域の人が気軽に利用できるような学校にしたい。子育て支援では、空き教室を子どもと遊べるようにするなど準備を進めている。また、不登校の子どもたちへの支援として、今はもう使われていない民宿で、体験活動などサポートができたらと思っている。
4 自然豊かな山形で生まれ育ち、そこで子育てができることに幸せを感じている。山形でのびのびと、祖父母もいて、隣近所の人もあいさつしあえる環境でよかったと思う。
5 同年代の果樹農家が少ない。同年代の仲間と輸出をしたいと考えている。安定供給しながら、できるだけ業者を入れないで自分たちでできるような体制を模索している。 
6 中山間で農業をしているが若い年代がいない。 中山間部の景観を守っていきたい。利益も得ながら景観が保てるものがあればと考えている。
7 親としては子どもの安全が一番大事なものである。地域の人たちとの日ごろからのコミュニケーションが地域みんなで子どもを見守る体制づくり、防犯対策につながると思う。
8 ボランティアサークルの経験を生かし、山辺町に貢献していきたい。山辺のきれいな星や自然を県内外の人に知ってもらいたい。若い人は町外に遊びに行ってしまうので、町内に公園や施設があればよいと思う。
9 介護現場で働く人の離職が多くなっている。介護のあり方を変えていく必要があるのではないか。
 
 

前年度までの開催結果はこちらからご覧ください。

 
 
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション