ホーム > 知事室 > 知事と若者の地域創生ミーティング > 平成30年度 > 平成30年度「知事と若者の地域創生ミーティング」

平成30年度「知事と若者の地域創生ミーティング」

知事室タイトル

知事と若者の地域創生ミーティング

 知事写真ver4
 
  「知事と若者の地域創生ミーティング」は、人口減少が進行し、地域で暮らす若者も減少している中、若者の豊かな発想や行動力を地域づくりに活かしていくため、知事が市町村に赴き、市町村単位で、若者が力を発揮できる環境づくりや地域課題、定住促進、地域の元気創出策などについて、若者と車座になって対話を行い、明日の地域創生を考えることを目的に実施します。
 
 
 

第1回開催 知事と若者の地域創生ミーティングin真室川町 

 
 真室川写真1   真室川写真2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第1回のミーティングを、真室川町で開催しました。吉村知事と新田町長が8名の若者と意見交換を行いました。
【とき】平成30年5月16日(水)午後4時00分~午後6時00分
【ところ】真室川町中央公民館研修室
 
【主な意見等】
1 図書館は、お年寄りも子どもも集まる、ふれあいの場のような、コミュニテイスペースになりうると思う。居心地よく、いつでも誰かに会える場所としての機能を備えた図書館にしてはどうか。
2 黒毛和牛の、繁殖から肥育まで一貫して経営するのは難しい。いずれは、真室川出身の牛でさらに真室川の飼料を食べて育った牛でブランド化したい。
3 青年林業士として活動する中で、林業は工夫すればいろいろな分野に広がることがわかった。また平枝番楽保存会に参加している。林業も伝統芸能も、継承しながら真室川町が発展していけたらいい。
4 JA合併のメリットをいかして、町の農産物の販売力向上に努めていきたい。
5 町が活性化していけばと思い、真室川踊りパレードへの参加や清掃などのボランテイア活動をしている。地域文化、行事の伝承に若い人が入りやすくなればもっと地域の活性化につながるのではないか。
6 子どもを産み育てるのは大変な労力であり、虐待につながる危険性も秘めている。「子ども預かりチケット」「家事代行チケット」などや、町外に行かなくても子どもが遊べる施設があればよい。
7 不妊治療は、精神的にも金銭的にもダメージを受ける。将来的には誰でも受けられる治療になるとよい。まずは自分ができることから行動しようと思いサポートし合えるコミュニテイづくりのため、お茶会を開くことにした。
 

前年度までの開催結果はこちらからご覧ください。

 
 
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション