ホーム > 山形県放射線安全情報(Information Regarding Radiation in Yamagata Prefecture) > よくある質問

よくある質問

 

山形県に寄せられた放射線・放射能に関するお問合せの中から、よくあるお問合せについてまとめたものです。

お問合せへの回答

子どもを外で遊ばせても大丈夫ですか。

これまでの測定結果から、山形県内の空間放射線は十分に低く、心配する必要はありません。お子さんにとっては外で遊べないことは、ストレスにつながります。

山形県内では現在でも、福島第一原発の事故由来の放射性物質が空気中に浮遊しているのですか?

いいえ、浮遊していません。県では降下物(空から降る雨、雪、ちり)の状況を事故の後、毎日(平成24年2月からは1週間ごと)測定してきました。その結果、平成23年5月15日以降はほとんど検出されなくなったことから、現在は空気中の放射性物質は消失したと考えられます。事故前よりも空間放射線量率が高いのは、事故直後に県内に降った放射性セシウムが土壌に沈着しているのが原因です。

 山形県内で除染を行う必要はないのでしょうか?

はい、必要ありません。放射性物質対処特別措置法では、年間1ミリシーベルト(1時間あたりにすると0.23マイクロシーベルト)を超える地域において、除染を検討することとしています。航空機モニタリング結果等から、山形県内の空間放射線量率はこれよりも低く、除染が必要な地域がない事が分かっています。

 その他

詳しい内容を「放射線の健康影響について(Q&A)」(PDF:380KB) にまとめましたのでご覧下さい。

参考リンク 放射線被ばくに関するQ&A(放射線総合医学研究所)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ