ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 水環境 > 浄化槽の維持管理・届出について

浄化槽の維持管理・届出について

【浄化槽とは】


 浄化槽とは、私たちが生活するうえで発生するし尿(トイレの排水)や生活雑排水(台所やお風呂等の排水)微生物の働きを利用して浄化し放流する施設です。
 浄化槽には、し尿のみを処理する単独処理浄化槽と、し尿と生活雑排水を一緒に処理する合併処理浄化槽がありますが、水環境の保全のため、
平成13年から単独処理浄化槽を新設することは禁止されています。
 県は約8万基の浄化槽設置されていますが、そのうち約6割禁止される以前に設置された単独処理浄化槽すので、これらを早期に合併処理浄化槽に転換(もしくは下水道等に切替え)することが、水質保全上重要になっています。

 

【浄化槽に関する届出について】


 以下のような場合、お住まいの市町村への届出が必要になります。(詳細については、お住まいの市町村にお問い合わせください。)

・設  置  届 ・・・ 浄化槽の設置工事に関する審査のため、事前に届出が必要です。(建築確認申請を行う場合は届出不要ですが、別途、浄化槽設

                        置調書の提出が必要になります。)
・使用開始届 ・・・ 設置工事完了後、浄化槽の使用を開始した日から30日以内に届出が必要です。 
・変  更  届 ・・・ 浄化槽の構造や規模を変更する場合、また浄化槽管理者を変更する場合にも届出が必要です。
・廃  止  届 ・・・ 下水道への切替え等により浄化槽を使用しなくなった場合、30日以内に届出が必要です。

※このほか使用休止(何らかの事情で一定期間だけ浄化槽を使用しない場合)や、使用再開の届出をいただく場合もあります。

【浄化槽の維持管理について】


 浄化槽の機能が十分に発揮されるためには、定期的な維持管理が必要です。そのため浄化槽管理者は、浄化槽法で清掃・保守点検・法定検査の実施が義務付けられています。
(こちらから資料を取得いただけます。 ⇒ 浄化槽の維持管理・法定検査の案内)

○清掃
 浄化槽内にたまった汚泥やスカムの引き抜き等を行います。お住まいの市町村の許可業者に申し込んでください
○保守点検
 浄化槽の設備機器の点検・調整・補修や消毒剤の補充等を行います。県の登録業者に申し込んでください

 

 現在、県に登録されている浄化槽保守点検業者は以下からご覧いただけます。

 

 【浄化槽保守点検業者登録状況一覧】 (PDF:72.0KB)

 ※最新の情報については、最寄りの総合支庁環境課へお問い合わせください。

 ※浄化槽保守点検業の登録についてはこちら


○法定検査
 浄化槽が適正に設置され、かつ適正な管理がなされているか、また処理水の水質が適正であるかを、知事の指定を受けた検査機関が年1回検査します。お住まいの市町村に設置届を提出する際一緒に検査申込書を提出いただくか、直接検査機関に申し込んでください
 山形県では、環境省令に基づ審査のうえ以下の2機関を指定しています。

検査機関名担当地区
 一般財団法人
 山形県理化学分析センター
 (電話:023-645-5306)
 東南村山 山形市、上山市、天童市、山辺町、中山町
 西村山 寒河江市、河北町、西川町、朝日町、大江町
 西置賜 長井市、小国町、白鷹町、飯豊町
 公益社団法人
 山形県水質保全協会
 (電話:0237-48-2469)
 北村山 村山市、東根市、尾花沢市、大石田町
 最上 新庄市、金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村
 東南置賜 米沢市、南陽市、高畠町、川西町
 庄内 鶴岡市、酒田市、三川町、庄内町、遊佐町

 ※効率的に検査を実施するため、両検査機関の検査体制等を考慮して地区割りを行っています。
 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成28年7月1日 浄化槽保守点検業者登録状況一覧の更新

関連情報