ホーム > 組織で探す > 防災くらし安心部 > 防災危機管理課 > こちら防災やまがた! > 台風第19号に備えて

台風第19号に備えて

台風は、事前に来ることが予想できる災害ですが、台風が接近してからの対策で被害に遭われる方も多くいます。台風が近づいているというニュースを見たり聞いたりし、早めの避難や不要不急の外出を控えるなど安全の確保をお願いします。

 

※最新の台風情報については気象庁のホームページをご覧ください。

※山形県内の防災情報についてはこちら防災やまがた!をご覧ください。

●台風が接近する前に

・家の周りの点検
 家の周りにあるもので強風などにより飛ばされる可能性のあるものは、屋内にしまうか、しまうことが出来ない場合は飛ばされないようにしっかり固定しましょう。

・窓や雨戸の補強
 ガラスのひび割れや窓枠のガタつきがないか調べ、窓にテープを貼るなどして補強しましょう。さらに、万が一、窓ガラスが割れた時のために、カーテン等を閉めておくと良いでしょう。

・浸水対策
 家財や家電などは浸水の被害を受けないように、高所や二階に移動させましょう。 電気のコンセントは、漏電などが発生する可能性があります。コンセントは抜き、低い位置にあるものは高所へ移動させましょう。

・ライフライン断絶への備え
 断水に備えて飲料水を確保しましょう。浴槽に水を張るなどしてトイレなどの生活用水を確保しましょう。避難に備え、非常持ち出し品を準備しましょう。

●台風が接近してから

・外に出ない
 通過中は外に出ないようにしましょう。海や河川、用水路の見回りもやめましょう。
 増水した用水路は、道路との境目が分からなくなっていて、足を取られる恐れがあります。

・危険なところには近づかない
 急な斜面では山崩れが発生する恐れがあります。樹木の少ない山間部では、土石流の危険があるので注意が必要です。また、河川敷では水位の変化に注意し、異変を感じたら、いつでも避難できるようにしましょう。
 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ