ホーム > 組織で探す > 会計局 > 会計課 > 決算 > 未収金対策

未収金対策

県では、山形県未収金対策本部(本部長:若松正俊副知事)を設置し、未収金対策に取り組んでいます。

平成30年度決算における収入未済額の状況

平成30年度決算における収入未済額(未収金)は、40億6,979万円で、前年度より5,098万円減少しました。
次のリンクに、平成30年度決算における収入未済額の状況を掲載しています。
平成30年度決算における収入未済額の状況(PDF606KB)

令和元年度山形県債権管理・回収取組方針

令和元年度は、「年度末の収入未済額が前年度を下回ること」を目標とした「令和元年度山形県債権管理・回収取組方針」に基づき、引き続き未収金発生の未然防止と、債権回収の強化に取り組んでいきます。
次のリンクに、令和元年度山形県債権管理・回収取組方針と収入未済額の令和元年度縮減目標を掲載しています。
令和元年度山形県債権管理・回収取組方針(PDF339KB)
収入未済額の令和元年度縮減目標(PDF128KB)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ