ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 環境企画課 > 地球温暖化対策、省エネルギー対策等 > やまがた太陽と森林の会 > やまがた太陽と森林(もり)の会(太陽光発電設備)

やまがた太陽と森林(もり)の会(太陽光発電設備)

<お知らせ>

●クレジットの認証について

  • 令和元年10月1日(火)に開催された第36回J-クレジット制度認証委員会において、2,095 t-CO2のクレジットが認証されました。
  • 以上より、プロジェクト登録からの太陽光発電設備導入によるクレジット認証量の累計は、3,963 t-CO2になりました。

 1.「やまがた太陽と森林の会(太陽光発電設備)」とは

(1)事業の概要 

 「やまがた太陽と森林の会(太陽光発電設備)」は、参加者が設置した太陽光発電設備で生み出されたCO2削減効果をとりまとめ、国の「J-クレジット制度」を活用して、その環境価値を「見える化」するとともに、環境価値の取引により得られる収益を山形県の環境保全活動への助成や環境学習の支援に活用するものです。

 取組みの具体的な流れは以下のとおりです。

取組みイメージ

①対象となる設備を導入した県民の皆様に、本会にご参加いただきます。

②参加された皆様に、年1回程度、発電電力量などのご報告をお願いします。

③報告を基に、県が参加者全体のCO2削減量を計算し、国から「クレジット」という認証を受けます。

④国が発行したクレジットを、CO2排出量の多い都市圏の企業などに売却します。

⑤県がクレジット代金を収入します。

⑥得られた収益を地球温暖化防止に向けた事業などに活用して、県民の皆さんに還元します。

(2)太陽発電設備の導入によるCOの削減効果

 太陽光発電設備で発電された電力を自家消費すること(電力会社に売電せず、その場で直接使用すること)により、設備の導入前に比べて電力会社から購入する電力量が減少します。この結果、電力会社では、需要家に供給する電力が減少し、火力発電所等の稼働が抑えられ、CO2の排出が削減されます。本会では、このCO2削減効果を集約し、その価値を活用します。

太陽光発電設備の削減効果

(3)留意事項

  • 本会への参加に際し、会費等は一切かかりません。
  • 本プロジェクトにより得られた収益は、県の環境保全活動への助成や環境学習の支援に活用させていただきます。会員への個々の還元はありませんので、ご了承ください。
  • 本プロジェクトの存続期間は、J-クレジット制度の実施期間である2031年3月31日までです。ただし、同制度の実施期間が延長された場合、本会の存続期間が延長される場合があります。
  • 本プロジェクトを通じて得られた個人情報は、あらかじめ会員の同意がある場合、運営規約に規定する場合、法令等に基づく要請がある場合を除き、第三者に提供・開示することはありません。

 

2.取組みの流れ

(1)参加の要件

(1)入会申請日の2年前の日以降に太陽光発電設備を設置し、その発電量の全部又は一部を自家消費していること。

(2)太陽電池の公称最大出力又はパワーコンディショナの定格出力が10kW未満であること。

(3)発電量及び売電量を表示できる「エネルギー表示器」を設置していること。

(4)発生した環境価値の権利の放棄について同意すること。

(5)J-クレジット制度のプロジェクト登録及び認証申請に必要となる報告及び審査に同意・協力すること。

(6)他の排出削減事業に参加していないこと。

 (2)参加の申込

  • 参加申込書に必要事項をご記入の上、事務局に郵送又は持参してください。
  • なお、太陽光発電設備に係る山形県再生可能エネルギー等設備導入事業費補助金を受給する方は、本プロジェクトへの参加同意が条件となりますので、補助金交付申請書に本会参加申込書を添付してください。詳しくは、補助金の要綱等をご確認ください。

※記載内容に応じて、事務局から個別にご連絡差し上げる場合があります。

(3)削減活動の実施

  • 特に必要な手続き等はございません。

(4)実績報告

  • 太陽光発電の自家消費量を把握するため、毎年、無作為抽出によりモニターに該当した方から、自家消費量の実績(累計発電電力量及び累計売電電力量が分かるパワーコンディショナの写真又はダウンロードデータ)をご報告いただきます。(※設備の設置状況によっては、毎年、実績報告を頂く場合があります。) 
  • ご報告いただく時期や方法については、別途お知らせします。

 

3.関係書類のダウンロード

4.クレジットの認証状況

 これまでに認証されたクレジットは、下表のとおりです。

認証日認証数対象期間対象件数
平成29年1月24日116 t-CO2平成28年8月1日~平成28年10月31日585件
平成29年10月31日503 t-CO2平成28年11月1日~平成29年5月31日1,064件
平成30年10月4日1,249 t-CO2平成29年6月1日~平成30年5月31日 1,740件
令和元年10月1日2,095 t-CO2平成30年6月1日~令和元年5月31日2,550件

 

5.協力事業者

 本会の活動実施にあたり、参加者の募集に御協力いただいている事業者様は、以下のとおりです。

   ・セキスイハイム東北株式会社(TEL:023-633-1326)
   ・Panasonic リフォーム Club リファインさかた(株式会社ホームクリエート)(TEL:0234-23-1237)
   ・ヤマリョー株式会社(TEL:023-643-7711)
   ・株式会社ゆとりハウステクノ(TEL:023-627-6371)
   ・山形ムツ電株式会社(TEL:023-681-3707)
   ・ライジング株式会社(TEL:0235-33-8877)
   ・山形パナソニック株式会社(TEL:023-622-5443)
   ・東北ミサワホーム株式会社(TEL:023-622-0330)

 ※本会の取組みに賛同の上、参加者の募集に御協力いただける事業者様は、県事務局まで御連絡ください。

 

6.申込・問合せ先

  • やまがた太陽と森林の会 運営・管理事務局

山形県 環境エネルギー部 環境企画課

〒990-8570 山形市松波2-8-1

電話:023-630-2336 ファックス:023-630-2133

 

7.関連ページ

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2016-03-31 ホームページ公開
  • 2016-04-26 参加申込書記載例を追加
  • 2016-06-28 一般用参加申込書の様式変更
  • 2016-09-14 補助金実態調査の結果を掲載
  • 2016-10-17 モニタリング調査の実施
  • 2017-01-31 クレジット認証量を掲載

関連情報