ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 鳥海学園 > 短期入所・日中一時支援事業の利用予約について

短期入所・日中一時支援事業の利用予約について

・ご利用には事前の予約が必要です。予約に応じ、学園が利用可能な日を各利用者へ割り当てます。

・先着順ではありませんが、お早めにお申し込みください。

・予約は以下の期間で、所定の方法で行ってください。

 ※各期間はあくまで目安です。必ず毎月の利用予定票に記載された日程をご確認ください。

 

 ○第一次予約期間

 対象月の前々月の最終土曜日~前月第1金曜日(例:令和2年4月の利用予約の場合、2月29日~3月6日)

 

  →予約方法:利用予定票の提出(持参、郵送、FAX可)

    ※混雑が予想されるため、電話による予約の受付は行いません。郵送の場合は期間内に必着となるように投函してください。

 一度利用予定票を提出した後、提出した内容を変更したい場合は、第二次予約期間にご連絡ください。(第一次予約期間中は原則変更できません。)

 

 

 利用予定票は学園玄関よりお持ちいただくか、メインメニュー>お知らせからPDFファイルをダウンロードし印刷してご使用ください。

 利用予定票のダウンロードはこちらから→お知らせ

 

○集計期間

 第一次予約期間最終日の翌日から7日間(例:令和2年4月の利用予約の場合、3月7日~3月13日)

 

 第一次予約期間内に提出された利用予約を集計する期間となります。

 提出された利用希望を速やかに確定させる必要があることから、集計期間中には対象月の利用予約を受付しません。

 郵送等により集計期間中に利用予定票が当園に届いた場合は、第二次予約期間の初日に提出があったものとします。

  

 集計・調整の結果、どの日が利用可能になったかは個別に電話で、または利用の際に口頭でお伝えいたします。

 

 

 

 ○第二次予約期間

 集計期間最終日の翌日~随時 (例:令和2年4月の利用予約の場合、3月14日~)

 

 →予約方法:利用予定票の提出(郵送、FAX可)、電話連絡

   お問い合わせ時間…午前8時30分~午後17時

 

 利用予約の取消・変更等はこの期間にご連絡ください。

 第一次予約期間で定員がほぼ埋まってしまうため、第二次予約期間では新規の申込はお受けできない可能性が非常に高いです。

 基本的には第一次予約期間でのご予約をお願いします。

 

 ※ご利用可能日の連絡は第二次予約期間の初日から1週間の間を目途に順次ご連絡差し上げます。

  ※再来月分の利用予定票は第二次予約期間から1週間後を目途に「お知らせ」に掲載します。

 

 

 

短期入所・日中一時支援利用案内に戻る

メインメニューに戻る

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報