ホーム > 組織で探す > 企業局 > 企業局鶴岡電気水道事務所

企業局鶴岡電気水道事務所

所在地、連絡先等

所在地:〒997-0413 鶴岡市行沢字上野166

電話:0235-58-1230 ファックス:0235-58-1228

 

 

事務所の概要

鶴岡電気水道事務所は、鶴岡市行沢地区にある朝日浄水場で、電気事業庄内広域水道用水供給事業の南部地域の業務を行っています。

電気事業の概要

鶴岡電気水道事務所は、朝日制御所として、県北部の7県営発電所(大沢川発電所、肘折発電所、鶴子発電所、倉沢発電所、寿岡発電所、蘇岡発電所、温海川発電所)を遠方監視制御しております。

また、赤川水系上流にある倉沢、寿岡、蘇岡の3発電所と、温海川上流にある温海川発電所の維持管理を行い、電力の安定供給に努めています。

(大沢川、肘折、鶴子の3発電所は企業局最上電気水道事務所にて維持管理を行っています。)

庄内広域水道用水供給事業の概要

庄内広域水道用水供給事業は、庄内の南部地域(鶴岡市、庄内町、三川町)と北部地域(酒田市)からなり、平成13年10月から給水を開始しました。

各家庭に飲料水を直接供給する水道事業は、市や町が行っていますが、広域水道用水供給事業は、市や町に対して水道用水を供給する役割を担っています。鶴岡電気水道事務所が担当する南部地域は、月山ダムを水源として、朝日浄水場において浄水処理を行い、鶴岡市及び庄内町の各量水所まで送水しています。

北部地域は、企業局酒田水道事務所が、田沢川ダムを水源として平田浄水場において浄水処理を行っています。

 

浄水場発生土の販売について

 鶴岡電気水道事務所では浄水処理の工程で発生した発生土を販売しております。

 詳しくはこちらのパンフレットをご覧下さい。 → 浄水場発生土活用についてのパンフレット(PDFファイル)

 購入をご検討の方は下記連絡先までお問い合わせください。

 

再生可能エネルギーの取り組み

企業局では再生可能エネルギーを活用した発電に取組んでおります。

再生可能エネルギーへの取り組みについて詳しくはこちらを参照ください

 

庄内広域水道用水供給事業では、鶴岡量水所に浄水場からの落差を活用した小水力発電機を設置しました。

鶴岡量水所小水力発電についてはこちらを参照ください

 

朝日浄水場に太陽光発電設備を設置しました。災害時に非常用機器に電力を供給します。

太陽光発電設備についてはこちらを参照ください

 

地域への貢献

鶴岡電気水道事務所では、地域に根ざした事業を推進するため、次のような取り組みを行っています。

      地域貢献事業についてはこちらを参照ください(pdf)