ホーム > 組織で探す > 教育庁 > 高校教育課(高校改革推進室) > 高校改革推進室 > 県立高校再編整備基本計画(平成30年度~平成32年度の実施計画)について

県立高校再編整備基本計画(平成30年度~平成32年度の実施計画)について

 県教育委員会では、県立高校の将来の在り方を検討するため、平成25年9月に「県立高校の将来の在り方検討委員会」(以下、「検討委員会」という。)を設置し、多角的に検討を進めてきました。平成26年7月に検討委員会より「社会の変化に対応した県立高校の将来の在り方について 報告書」の提出を受け、この報告書及び素案に対するパブリック・コメント(平成26年10月)の内容を踏まえ、平成26年11月に「県立高校再編整備基本計画」(以下、「基本計画」という。)を策定しました。

 この基本計画は、市立高校、私立高校も公教育の一翼を担っているということも踏まえつつ、今後概ね10年間の県立高校の再編整備に係る基本的な方向性を示したものです。県立高校の再編整備は、長期的な視野をもって取組みを推進する必要があることから、計画期間を平成27年度から平成36年度までの10年間とし、中学校卒業者数に合わせた、各地区の募集学級数の目安を示しています。また、この基本計画は社会の変化や国における教育改革の動向など、高校教育をとりまく状況の変化を踏まえ、必要に応じて見直しを行います。

 この基本計画の実現のために、各地区の県立高校再編整備計画に基づき、再編整備を進めます。また、年次ごとの実施計画については、中学生の進路選択に配慮する必要があることから、原則として実施年度の3年度前に公表し、可能な限り早期の周知に努めることとします。

 県民の皆様には、社会の変化に対応した高校再編整備の必要性について御理解の上、一層の御協力をお願いします。

 

 ※ 平成32及び31年度の実施計画について、追加掲載いたしました。下記をご覧ください。

<平成32年度1学級減の対象校>

 ・左沢高校(総合学科)

<平成32年度募集停止の対象校>

・鶴岡南高校山添校(普通科)

<平成31年度1学級減の対象校>

 ・小国高校(普通科)

 小国高校については、平成30年度までの入学者数及び志願状況が、既に1学年当たり2学級の学校を学級減とする基準に該当していますが、交通事情等地域の実情に配慮し、2学級を維持してきました。しかし、平成28年度から平成30年度までの入学者数及び志願者数が40人を下回り、全学年が1学級となることから、平成31年度に1学級減とします。なお、近隣高校との距離が遠いため、適切な管理運営が行えるよう、校長を配置し本校のままとします。

 

 西学区の加茂水産高校については、平成30年度までの入学者数及び志願状況が、既に1学年当たり2学級の学校を学級減とする基準に該当していますが、県内で唯一の水産科という学科の特殊性に配慮し、平成31年度の学級減については見送ることとします。 

 

(参考資料)

 ※ 平成30年度の情報に変更し、掲載いたしました。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成26年10月3日 素案に係る意見募集を掲載
  • 平成26年12月3日 意見募集の結果を掲載
  • 平成26年12月16日 再編整備基本計画及び同計画【ダイジェスト版】を掲載
  • 平成27年3月10日 再編整備基本計画【ダイジェスト版】(平成27年3月一部改訂)平成29年度実施計画)を掲載
  • 平成28年3月9日 再編整備基本計画【ダイジェスト版】(平成28年3月一部改訂)平成30年度実施計画)を掲載
  • 平成29年3月9日 再編整備基本計画【ダイジェスト版】(平成29年3月一部改訂)平成31年度実施計画)を掲載
  • 平成30年3月8日 再編整備基本計画【ダイジェスト版】(平成309年3月一部改訂)平成32年度実施計画)を掲載

関連情報